【大阪桐蔭・ドラフト候補】中野大虎投手の読み方は?出身中学も紹介

スポーツ
スポンサーリンク

大阪桐蔭高校野球部の2025年ドラフト候補・中野大虎投手!

世代ナンバーワンと言われソフトバンクからドラフト1位指名を受けた前田悠吾選手に代わり、新たなスターが誕生しましたね!

中学時代から“スーパー中学生”として注目されていた二刀流選手で、大阪桐蔭高校に進学後も1年春から試合に出場しています。

今回は、中野大虎投手の読み方や出身中学も紹介させていただきます。

【大阪桐蔭・ドラフト候補】中野大虎投手の読み方は?

中野 大虎投手の読み方は「なかの だいと」です!

  • 生年月日:2007年6月18日
  • 読み方:なかの だいと
  • 身長:180cm
  • 体重:81kg
  • 出身地:大阪府 和泉市出身
  • 出身小学校:和泉市立 幸小学校
  • 出身中学:和泉市立 冨秋中学校
  • 出身シニア:浜寺ボーイズ
  • 投打:右投・右打
  • ポジション:投手
  • 遠投:115m
  • 50m走:6.3秒
  • 趣味:1人カラオケ・バスケットボール

中野選手の名前の由来は、母型の祖父が母に「子どもが生まれたら虎の字を入れて」とお願いしたとのことです。

そして家族もみんな大の虎党で、その祖父は阪神の応援団員をしていたという筋金入り。

中野選手も帽子には「猛虎魂」の文字を書き込み、「猛虎魂を持って投げようと思っています。日本シリーズも見ています」と笑いながらコメントしています。

もちろん、中野大虎選手も大の阪神ファンで「将来は阪神に行きたい」と話されていました。

ちなみに、5歳からソフトボールを始めて小学6年生のときに「大阪泉州ボーイズ」で硬式野球を始めます。

また、ボーイズリーグの全国各ブロックで選抜された「鶴岡一人記念大会」の関西選抜(小学生の部)にも選ばれ、エースとして優勝に大きく貢献しています。

大阪桐蔭に進学すると、6月に初めてトップチームのメンバーに参加し、バンテリンドームで行われた招待試合の栄徳(愛知)戦で、マウンドに上がりデビュー。

秋季近畿大会の報徳学園戦でリリーフとして登板し、150キロ台を連発しパーフェクトリリーフ。

あっという間に全国に名が知れました!

中野大虎選手はがっしりした体格のピッチャー兼ショート兼外野手で、変化球はスライダー、カーブ、フォークなど。

ライバルは同級生の森陽樹選手で、2人は寮では同じ部屋。

もともと大阪桐蔭はチームない競争がハンパないですが、2人とも全国でもトップクラスの投手なので、良いライバルとして成長してほしいですね!

そして、憧れの選手は藤川球児選手だそうです。

また、西谷監督は、

「気持ちで投げる子。

球がバラつくけど、そこをうまく利用しながら投げてほしい。

まだ1年生なので荒々しく投げてほしいですね」

とコメントしていました。

【大阪桐蔭・ドラフト候補】中野大虎投手の出身中学は?

中野大虎投手の出身中学は、大阪府和泉市の和泉市立冨秋中学校デス。

ピッチャー兼ショート兼外野手として活躍。

中学3年時にはエースでキャプテン、22年ぶりのボーイズ春季全国大会出場に貢献しています。

そして、ボーイズ春季全国大会の大阪府予選決勝では、投げては、7回1死まで無安打、10奪三振の好投。

打者としては試合を決める2点タイムリーヒットを放っていました。

続く全国大会本選での登板はなくチームは2回戦敗退。

しかし、中野大虎選手はレフトスタンドに特大のホームランをたたき込んで、注目を集めていました。

また、鶴岡一人記念大会の関西選抜(中学生の部)にも選出されています。

その当時は、体格がすでに178㎝・73㎏になっており中学生では別格!

ちなみに生徒会長も務めるなど、野球でチームをまとめるだけでなく学校でもまとめ役をしていました!

まとめ

今回は、【大阪桐蔭・ドラフト候補】中野大虎投手の読み方は?出身中学も紹介についてまとめさせていただきました。

是非、応援して楽しみましょう!

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました