【大阪桐蔭・ドラフト候補】ラマル ギービン ラタナヤケ内野手の国籍は?出身中学も紹介

スポーツ
スポンサーリンク

大阪桐蔭が誇る、2024年ドラフト候補のラマル・ギービン・ラタナヤケ選手!

スリランカ人の両親を持つ規格外の二刀流スラッガーで、中学時代に通算50本塁打、投げては最速135キロをマークしました。

でも、性格はとてもまじめで、努力家なんだそうです。

今回は、そんなラマル・ギービン・ラタナヤケ選手の国籍や出身中学についてまとめてみました。

【大阪桐蔭・ドラフト候補】ラマル ギービン ラタナヤケ内野手の国籍は?

ラマル ギービン ラタナヤケ内野手の国籍は、スリランカだそうです。

ご両親ともにスリランカ国籍の方なので、ラマル選手もスリランカ国籍となるようですが、生まれも育ちも愛知県名古屋市です。

父親はバンダーラ・ラタナヤケさん、母親の情報は見つかりませんでした。

父親のバンダーラさんは若い頃バレーボール選手として活躍し、スリランカ代表に選ばれるくらい実力のある選手でした。

29年前に留学生として来日し、新聞販売店でアルバイトをしながら、日本語学校、大学、大学院へ進学した超優秀な方です。

新聞販売店の店主は、とても真面目に働くバンダーラさんの姿を見て、スリランカまでの飛行機代を支給してくれたこともあったそうです。

一度スリランカに帰国して結婚されましたが、ご夫婦で再来日し名古屋市で就職し、結婚生活をスタートしました。

そして、2006年に日本でラマル・ギービン・ラタナヤケ選手が生まれたのです。

ラマル・ギービン・ラタナヤケ選手の名前の由来ですが、「ラマル」はスリランカの公用語であるシンハラ語で「太陽のように輝く男の子」。

ミドルネームの「ギービン」は「音楽を聴くのが好きな男の子」。

そんな願いを込めて、ご両親は命名されてたそうです。

実際にラマル・ギービン・ラタナヤケ選手は

「僕にとって音楽は大切な存在。気持ちを奮い立たせたり、落ち着かせたり。

何をするにも音楽を聞いています」

と話しています。

【大阪桐蔭・ドラフト候補】ラマル ギービン ラタナヤケ内野手の出身中学は?

ラマル ギービン ラタナヤケ内野手の出身中学は、愛知県名古屋市港区にある名古屋市立南陽中学校です。

地元のチーム「愛知港ボーイズ」でプレーしていました。

中学時代は「村瀬杯愛知県中央選抜」にも選ばれ、中学で通算50本塁打をマーク。

当時から投手としても高い能力があり、最速135キロの直球を記録していました。

愛知港ボーイズの監督は、15歳以下日本代表のコーチ経験もある堀田将司さんです。

堀田将司さんはこれまで、山村崇嘉選手(西武)や、池田陵真選手(オリックス)など、中学トップレベルのプレーヤーを見てきていますが、ラマル・ギービン・ラタナヤケ選手について

「彼らにも引けを取らない能力」

と話されています。

【大阪桐蔭・ドラフト候補】ラマル ギービン ラタナヤケ内野手Wikiプロフィールまとめ

ラマル ギービン ラタナヤケ内野手Wikiプロフィールはコチラです↓

  • 生年月日:2006年4月8日
  • 読み方:ラマル・ギービン・ラタナヤケ
  • 身長:179cm
  • 体重:92kg
  • 出身地:愛知県 名古屋市
  • 出身小学校:名古屋市立福春小学校
  • 出身中学:名古屋市立南陽中学校
  • 出身シニア:愛知港ボーイズ
  • 投打:右投・右打
  • ポジション:内野手
  • 50m:6秒2

ラマル・ギービン・ラタナヤケ選手は、多くのプロ野球選手を輩出している超強豪校「大阪桐蔭高校」へ推薦入学します。

大阪桐蔭から推薦入学の打診を受けた時は、驚きと同時にとても嬉しかったそうです。

  • 「高校では長打はもちろん、打率ももっと高めて試合で活躍できる選手になりたいです。できれば1年生から試合に出続けて、打率4割、ホームラン70本、そして甲子園でも活躍したいと思います」
  • 「卒業後はドラフト1位でプロ野球に入団したい」
  • 「いつか日の丸を胸にプレーしたい」
  • 「憧れの選手は西武の森友哉選手、MLBパドレスのフェルナンド・タティスJr.選手」

と話されていました。

今後の活躍もとても楽しみですね!

まとめ

今回は、【大阪桐蔭・ドラフト候補】ラマル ギービン ラタナヤケ内野手の国籍は?出身中学も紹介についてまとめさせていただきました。

是非、応援して楽しみましょう!

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました