夏の甲子園2024優勝候補予想とダークホースは?注目選手やドラフト候補も紹介

野球
スポンサーリンク

今年も楽しみな、夏の甲子園2024!

日程は2024年8月7日(水)から17日間(雨天順延、3回戦2日目、準々決勝、準決勝各翌日の休養日3日を含む)、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開催します!

今年も、どこの高校が優勝するのか楽しみですね!

そこで今回は、春の選抜高校野球2024優勝候補予想5校とダークホースも紹介します!

夏の甲子園2024優勝候補予想5校まとめ!

優勝候補予想5選はコチラです↓(※独断デス。ご了承ください。)

報徳学院(兵庫)

②仙台育英(宮城)

③健大高崎(群馬)

④大阪桐蔭(大阪)

星稜(石川)

1校ずつご紹介させていただきます。

優勝候補予想①【報徳学院(兵庫)】

優勝候補予想の1校目は、報徳学院高等学校デス!

選抜準優勝校で投手層は厚く、守備では伝統の堅守が健在!

レギュラーだけではなくベンチメンバー争いを含めて競争が激しいので、低反発バットの適応次第ではレギュラー陣の入れ替えも多い可能性があります。

優勝候補予想②【仙台育英(宮城)】

優勝候補予想の2校目は、仙台育英高等学校デス!

去年の甲子園準優勝校!

優勝候補の本命にしている理由の一つとして、大舞台での経験と結果を残せたことによる自信は他校には無い大きな要素!

最速145kmの左腕・田中優飛投手や、小柄でも走攻守揃った湯浅桜翼選手など、投手層の厚さや守備力はトップクラス。

優勝候補予想③【健大高崎(群馬)】

優勝候補予想の3校目は、健大高崎高等学校デス!

今春の選抜優勝校で、注目選手は左の佐藤投手・右の石垣投手!

1年時の春の関東大会からエースナンバーを付けている左腕の佐藤投手は、U15にも選手された中学時代から注目されていた投手デス。

同じく1年時の春の関東大会から先発マウンドを経験している右腕の石垣投手もすでに最速147キロを記録。

直球の威力は抜群です!

優勝候補予想④【大阪桐蔭(大阪)】

優勝候補予想の4校目は、大阪桐蔭高等学校デス!

西谷監督が、

「今まで監督をやってきた中で投手陣が一番充実している」

というほど、選手層、チーム力、完成度、監督の技量すべて群を抜いています。

とにかく投手陣が素晴らしく、中野大虎選手

そして、森陽樹選手

が順調に成長して近畿大会でも素晴らしいピッチングを見せ、投手陣のポテンシャルの高さはずば抜けています。

優勝候補予想⑤【星稜(石川)】

優勝候補予想の5校目は、星稜高等学校デス!

明治神宮大会では、巨人等で活躍した松井氏が91年に出場した32年ぶりの優勝を飾りました!

2001年以降に明治神宮大会優勝校で選抜も制したのは2校(2022年の大阪桐蔭、2002年の報徳学園)のみ。

なんと、先発野手陣で3割を超えたのが6選手!

切れ目のない打線で機動力があり、どの打順から始まってもチャンスを作ることができる。右打ち左打ちの偏りもないのが強み。

春の選抜高校野球2024のダークホースは?

春の選抜高校野球2024のダークホースは、関東一(東京)高校デス!

注目は、坂本 慎太郎選手です!

  • 生年月日:2007年5月1日
  • 読み方:さかもと しんたろう
  • 身長:167cm
  • 体重:63kg
  • 出身地:千葉県野田市
  • 出身小学校:野田市立中央小学校
  • 出身中学:野田市立野田第一中学校
  • 出身シニア:取手リトルシニア
  • 投打:左投・左打
  • ポジション:外野手・投手

中学2年から3年にかけては、個人ではほぼ無双状態でチームも全国でトップクラスの成績を収めるなどスーパー中学生と言えるすごい実績でした。

また、中学3年の夏には、「WBSC U-15ワールドカップ」にも出場しています。

1年の春からベンチ入りし、準優勝した春季・東京都大会で2番・レフト公式戦デビュー。

基本的には、130キロ半ばのストレートとスローカーブなどで緩急をつけて打たせて取るタイプです。

まとめ

今回は、夏の甲子園2024優勝候補予想とダークホースは?注目選手やドラフト候補も紹介についてまとめさせていただきました。

優勝候補を予想しましたが本当にどこが優勝するか分かりません!

是非、応援して楽しみましょう!

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました