【大阪桐蔭・ドラフト候補】森陽樹投手の進路は?出身中学校や小学校も紹介

スポーツ
スポンサーリンク

超強豪校・大阪桐蔭高校の大型右腕・森陽樹(もりはるき)投手。

中学時代から軟式で143km/hをマークし、注目されていたピッチャーです!

世代トップクラスといわれ、2025年ドラフト候補投手としてチームメイトの中野大虎(だいと)投手ともに注目されています。

今回は、【大阪桐蔭・ドラフト候補】森陽樹投手の進路は?出身中学校や小学校も紹介させていただきます。

【大阪桐蔭・ドラフト候補】森陽樹投手の進路は?

森陽樹投手のWikiプロフィールはコチラです↓

名前:森 陽樹
生年月日:2007年8月1日
出身:宮崎県延岡市
身長:188cm
体重:83kg
投打:右投げ左打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:延岡市立川島小学校→聖心ウルスラ聡明中学校→大阪桐蔭高校

森陽樹投手は身長188cm・体重83kg、中学時代から世代ナンバー1といわれている大型右腕です。

変化球は、カーブ、スライダー、カットボールなど。

球速は最速146キロを誇り、長身から伸びのあるストレートを投げ込みます。

中学時代から軟式で143km/hをマークして注目されていたピッチャーで、卒業後は大阪桐蔭高校に進学。

森投手は進学した理由を、以下のようにインタビューで答えています。

「幼い頃からテレビで甲子園を見て、一番憧れていた学校。

迷いなくそこに行きたいと思った」

「意識の高い野球好きが集まる学校。

そこでやれるのは楽しみ。

投手としてはまず150キロ以上、分かっていてもバットに当たらないストレートを目指したい。

最後の夏に必ずエースナンバーを背負い、プロ野球選手の夢をかなえたい」

引用元:夕刊デイリーWeb

大阪桐蔭高校の同期のチームメイトには、中野大虎投手

そして、吉野颯真選手らがいます。

それから、森陽樹投手には、まだプロ野球のスカウト担当者からコメントは出ていません。

しかし、新チームになる2023年秋から、大阪桐蔭高校の主力投手として登板していきます。

さらに、まだまだ成長のノビシロがあり、森陽樹投手はこのままいけば2025年ドラフトの目玉になれるピッチャーです。

【大阪桐蔭・ドラフト候補】森陽樹投手の出身中学校は?

森陽樹投手の出身中学校は、宮崎県延岡市にある私立・聖心ウルスラ聡明中学校です。

中学進学の際には硬式クラブからの誘いもありましたが、

「高知中だった森木 大智投手(高知高〜阪神)に憧れていました。

軟式で150キロを出したのを見て、僕も軟式野球で勝負をしたいと思いました」

と、聖心ウルスラ聡明中学校に進学し、創部されたばかりの軟式野球部に入部しました。

その当時のことを、以下のようにインタビューで答えています。

立ち上がったばかりのチームに入学、入部したことで、最初の1年間は野球以外の苦労も多かった。

先輩も文化も何もないため、最初は練習を行うだけでも一苦労。

当然、試合でも負けてばかりで、気持ちが折れそうになることもあったというが、指導スタッフの熱心な指導や恵まれた環境が心の支えとなった。

中学でも順調に成長を重ねた森陽樹投手は、3年6月の宮崎県大会では自己最速となる143kmk/hをマークしています。

8月には創部初の全国大会である全日本少年軟式野球大会に出場。

聖心ウルスラ聡明中学校を、初めての全国大会へ導きました。

【大阪桐蔭・ドラフト候補】森陽樹投手の出身小学校は?

森陽樹投手の出身小学校は、宮崎県延岡市にある延岡市立川島小学校です。

7歳上の兄の影響で、小学校に入学したその日から東海東少年野球クラブで野球を始めました。

小学6年生の頃にはすでに身長170cmちかくあり、宮崎県内では注目される存在でした。

また、所属チームでは全国大会も経験しています。

まとめ

今回は、【大阪桐蔭・ドラフト候補】森陽樹投手の進路は?出身中学校や小学校も紹介についてまとめさせていただきました。

是非、応援して楽しみましょう!

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました