洛南高校・中上烈(バレー)の身長などWikiプロフィール!出身中学校の紹介も

バレーボール
スポンサーリンク

洛南高校・中上烈選手(バレー)はなんと、入学前に全国私立高等学校選手権大会(さくらVOLLEY)にデビューし、1年生時からエースを任されました。

前衛後衛問わず打ち込む、パワフルなスパイクが武器!

春高府予選決勝ではライバルの東山高をフルセットの末に下し、チームを5年ぶりの本戦出場に導きました。

今回は、そんな洛南高校・中上烈選手の身長などWikiプロフィールと出身中学校の紹介もさせていただきます。

洛南高校・中上烈(バレー)の身長などWikiプロフィール!

洛南高校・中上烈選手の身長などWikiプロフィールはコチラです↓

  • 名前:中上 烈(なかがみ れつ)
  • 学年:2年
  • 身長:190㎝
  • 最高到達点:340㎝
  • 出身中学校:長浜北中(滋賀)
  • アウトサイドヒッター
  • 全国中学生選抜 認定選手(21年度)

中上烈選手は、バレーボールの名門で超強豪校・洛南高校で1年生からチームの中心選手として活躍しています。

世代トップクラスの最高到達点340cm越えのアウトサイドヒッター!

男子日本代表・石川祐希のNEXT候補ともいわれています↓

男子日本代表・石川祐希のNEXT候補は洛南の中上烈選手。

最高到達点は340cmでチームをけん引。

石川祐希に中上のプレーを見てもらうとパワーがある。将来性を感じると評価。

今後については高さは永遠と求め続けて欲しいとアドバイス。

中上は最後の最後でミスを出さず絶対に決めきれるエースになりたいと語った。

引用元:TVでた蔵

主な成績はコチラです↓

2023年7月:2023年 近畿高等学校バレーボール大会 準優勝

2023年6月:インターハイ・京都府予選 準優勝

2023年3月:全国私立高等学校男女バレーボール選手権大会(さくらVALLEY) ベスト4

2022年11月:2023年 春高バレー・京都府予選 べスト4

2022年7月:2022年 近畿高等学校バレーボール優勝大会 ベスト4

2022年6月:2022年 インターハイ・京都府予選 ベスト8

宿敵・東山高校に阻まれ、洛南高校は4年間も春高バレーに出場することができませんでした。

しかし、2023年11月遂に東山高校を2024年 春高バレー・京都府予選の決勝で破り、5年ぶり・24回目の春高バレー出場を決めました。

決勝は最終セットまでもつれ込みましたが、3対2で洛南高校の粘り強さと気迫で勝利したのです。

1学年先輩の草野叶嶺(かなれ)選手とともに中上烈選手はWエースとして活躍し、チームの優勝に大きく貢献します。

洛南高校・中上烈(バレー)の出身中学校は?

中上烈選手の出身中学校は、滋賀県にある長浜市立北中学校です。

中学3年生で身長が187cmもあり、この時から将来有望な選手として注目されていました。

インタビューでは下記のように話されていました。

「まず今回JOCで頑張って優勝して、そこから高校に進み全日本に入りたいです。

全日本では石川選手のようなエースになりたいです。」

そう力強く語る中上選手ですが、素顔はやっぱり中学生。

「好きな食べ物はイチゴです。」

今大会での目標については…

「チームとして勝つのはもちろん(注目されている)期待に応えられるように一生懸命頑張っていきます。」

引用元:あすリートチャンネル

滋賀県大会では、キャプテンとして活躍して優勝に大きく貢献。

また、滋賀県代表に選ばれ2021年 全国都道府県対抗中学大会(JOCカップ)に出場しています。

洛南高校・中上烈(バレー)の進路は?

残念ながら、進路については現段階で情報は公開されていません。(2024年2月末時点)

高校卒業後の進路として、可能性は2つ考えられます。

  • 大学進学(バレーボールの強豪大学)
  • 企業のチーム(実業団)やプロチームに所属し、Vリーグなどの試合に出場

有力な大学としては、大学日本一の東海大学か2位の早稲田大学、筑波大学などが候補として挙がっているのではないでしょうか?

まとめ

今回は、洛南高校・中上烈の身長などWikiプロフィール!出身中学校の紹介もについてまとめさせていただきました。

中上烈選手の今後の活躍にも期待ですね!

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました