作新学院野球部・小針崇宏監督の評判は?指導方法やWikiプロフィールも紹介

スポーツ
スポンサーリンク

作新学院高校野球部の小針崇宏(こばりたかひろ)監督は、地元出身選手を集めしっかり育てると評判!

若き名将として名が知られていますね。

今回は、小針崇宏監督の評判、経歴やWikiプロフィールも紹介させていただきます。

作新学院野球部・小針崇宏監督の評判は?

小針崇宏監督監督ですが、高校野球界では「若き名将」そして「泣き虫先生」として名が知られています。

事あるごとに涙を流しながら、選手たちと本気の付き合いをしていました。

エピソードとして、作新学院高校が甲子園優勝した時のことをご紹介します。

あるベンチ外の選手は

「チームで一番、努力してきたのを知っているぞ。

でもお前より勝利を優先する、と言われた。

今までやってきたことを涙ながらに言われて、もらい泣きしました」

と振り返った。

指揮官の熱い気持ちは選手にも伝染し

「監督が泣いた後にやった選手ミーティングで山ノ井(3年)が『監督を日本一にしよう』って泣いて話しました。

それ以降、チームの合言葉になりました」

引用元:ZAKZAK

涙が出るほど本気でぶつかってきてくれる監督だからこそ

「監督を日本一にしよう」

と選手たち自らが合言葉にするほど、慕われ、愛されている監督なんだということがわかりますね。

作新学院野球部・小針崇宏監督の指導方法は?

そんな小針崇宏監督ですが、「野球なんて全然教えてない」と言います。

では一体何を教えているのか?

調べてみたところ、

プレイの上手い下手ではなく、意識をどう持つか
②人格を表すのが野球である
準備と覚悟

とのことでしたので、ひとつずつご紹介させていただきます。

小針崇宏監督の指導方法①プレイの上手い下手ではなく、意識をどう持つか

「プレーが上手いとか下手とか関係なく、どう意識を持つかということに関しては全員ができることですし、特に高校野球では、やり方や頑張り方、取り組む姿勢がプレーに表れます。

塁間を3秒で走るのは無理だとしても、「3秒で走ろうとする姿勢」を持つことはできる。

全部ホームランを打つことは不可能だけど、「全部ホームランを打ってやろう」と臨む姿勢を作ることはできますから。」

小針崇宏監督の指導方法②人格を表すのが野球である

“2アウト、0対0で満塁”という状況で自分のところにボールが飛んできた時に取れるか。

バッターならその状況で打てるかという、“ここぞ”という場面で普段からの姿勢が細かく野球に出るということは、いつも選手に言い聞かせています。

確かに「普段できていないのに、ここぞという時にできるわけがない」ですね

小針崇宏監督の指導方法③準備と覚悟

下記のように、小針崇宏監督は再三、技術ではなく「準備と覚悟」が大事だと言い続けています。

近所の山なら今からすぐ行ける。栃木県の山だったら水分をもって行けばいい。

ただ、富士山に登るには命がけ、準備には何カ月もかかる。道、降り方、気候、頂上の温度などの調べも必要。1歩間違えれば死ぬ。

「そういう覚悟、日々の準備が違う。そういうのが野球も一緒」。

1歩進む距離は同じ。考え方、準備の仕方、日数は違う。

「1年目は栃木一の山、2年目は関東一の山、3年目は日本一の山」

長期計画の必要性を説く。

「野球なんて全然教えていない」と言い切る。

準備と覚悟を備え、自ら考える選手を育てることが、強さにつながるからだ。

引用元:日刊スポーツ

というのは、作新学院に就任したばかりの頃、決して弱くはないのに勝てない作新学院を見て、勝ち負けよりも、野球部全体の雰囲気・意識改革が必要だと思ったそうです。

自信をつけさせ、それが結果的に「勝負に勝つ!」という意識改革につながるそうです。

作新学院野球部・小針崇宏監督の経歴まとめ

小針崇宏監督自身も地元が栃木県で、作新学院の野球部出身。

選手時代はセカンドを守り、2000年の2年時にセンバツベスト8入りの経験を持ちます。

なお、3年の時はキャプテンを務めるも、夏の県予選の決勝で負けたため、残念ながら甲子園出場を逃しています。

そして、高校卒業後は、筑波大に進学すると、ふたたび野球部に所属。

4回生の時にはキャプテンを務め、大学で学んだことをまとめると

  • 実力を補うための考える野球
  • 弱者としての自覚
  • 自主性と責任感の必要性

ということでした。

ちなみに筑波大学の卒業論文は「高校野球の全国大会における優勝の要因に関する研究」をテーマに発表したそうです。

大学卒業後は、教員免許を取得し、母校に戻って保健体育科教諭に就任。

同時に野球部の監督を任されることになります。

作新学院野球部・小針崇宏監督のWikiプロフィール

小針崇宏監督のWikiプロフィールはコチラです↓

・生年月日 : 1983年6月22日

・出身中学 : 宇都宮市立陽西中学

・出身高校 : 作新学院(選手時代は、2000年の春に21年ぶりのセンバツ出場でベスト8)

・出身大学 : 筑波大

・2007年より作新学院の野球部監督に就任。

・2016年:夏の大会優勝(1962年の春夏連覇以来54年ぶり。)

作新学院野球部の主なOBは、八木沢荘六(元ロッテ)、江川卓(元巨人)、岡田幸文(ロッテ)、今井達也(西武ライオンズ)、石井一成(日本ハム)がいらっしゃいます。

まとめ

今回は、作新学院野球部・小針崇宏監督の評判は?指導方法やWikiプロフィールも紹介についてまとめさせていただきました。

是非、応援して楽しみましょう!

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました