【星稜・ドラフト候補】佐宗翼投手の最速は?出身中学校や小学校も紹介

スポーツ
スポンサーリンク

2024年ドラフト候補で、高校野球の超名門で超強豪の星稜高校のサウスポーエース・佐宗翼投手。

中学3年時には軟式野球の全国大会で、春夏連覇を達成!

しかも、全国では2大会とも無失点という完ぺきなピッチングを見せた同世代トップクラスの投手です。

2023年明治神宮野球大会ではチームを優勝へ導き、一気にメディアの注目度が上がりました。

今回は、【星稜・ドラフト候補】佐宗翼投手の最速は?出身中学校や小学校も紹介させて頂きます。

【星稜・ドラフト候補】佐宗翼投手の最速は?

佐宗翼投手の最速などWikiプロフィールはコチラです↓

名前:佐宗 翼
読み方:さそう つばさ
出身地:石川県
生年月日:2006年度生まれ
身長・体重:177cm・74kg
投打:左投・左打
ポジション:投手
最速:143km

名前の読み方は「佐宗 翼・さそう つばさ」で、球速は最速・143kmをマークしています。

身長177cm体重73kgの均整の取れた体格で、スリークォーター気味で投げるサウスポーです。

変化球は多彩で、カーブ・ツーシーム・スライダー・チェンジアップ。

このスライダーは切れ味鋭く、“魔球”と呼ばれるレベルだそうです。

さらに、腕が出てくるところが相手打者に見にくく、どの球種も投げ方が変わらないのが特徴です。

そのため、佐宗投手を攻略するのは簡単ではありません。

また、制球力も高く、両コーナーに厳しい球を投げ込み、相手打者を打ち取り、ほとんどフォアボールを出すことはありません。

そして、佐宗翼投手は明治神宮野球大会で優勝し、まだスカウト担当から評価は出ていませんが一気に2024年秋のドラフト候補になりました!

間違いなくプロ注目の投手です。

ぜひ、2024年春の選抜、そして夏の甲子園でもナイスピッチングを披露していただき、プロ野球選手になって活躍して欲しいです!

【星稜・ドラフト候補】佐宗翼投手の高校の戦績まとめ

佐宗翼投手は星稜中学校を卒業後、系列校の星稜高校へ進学して1年春から背番号20でベンチ入りしました。

星稜高校の同期のチームメイトには、主将の芦硲晃太選手らがいます。

1年春の石川県大会準々決勝の小松高校戦で、先発に抜擢されると、5回を投げ、無安打、1四球、無失点、5奪三振のすばらしいピッチングで公式戦デビューを果たしています。

星稜高校は2022年夏の甲子園・石川県大会を制して2022年 夏の甲子園に出場し、佐宗投手は8回裏に途中登板し無失点に抑え、甲子園デビューを果たしました。

その後、2023年夏の甲子園・石川県大会を制して2年連続で2023年 夏の甲子園に出場し、佐宗翼投手は、2回裏に途中登板して4回2/3(投球回数)・2被安打・5奪三振・無失点というナイスピッチングを披露しています。

また、新チームとなった高校2年の秋から、チームのエースとなり大車輪の活躍をしていきます。

2023年 石川県大会(秋季)と、2023年 北信越大会(秋季)で優勝!

さらに、2023年北信越大会(秋季)を制した星稜高校は2023年 明治神宮野球大会に出場し、32年ぶり3回目の優勝を果たしました。

初戦・広陵(広島県)、決勝・作新学院(栃木県)戦では見事な完投勝利を収めました。

【星稜・ドラフト候補】佐宗翼投手の出身中学校は?

佐宗翼投手の出身中学は、星稜中学校です。

軟式野球部に所属し、中学3年時にはエースとして大車輪の活躍を見せ、全国大会春夏連覇を達成しています。

実は、佐宗翼投手は8月の全日本少年夏季軟式野球大会でも、失点0で優勝しており、3年時の公式戦ではほとんど点を取られていないんですよね!

その成長のきっかけになったのには、「テクニカルピッチ」という球種・球速・回転数・回転軸の動きなどを計測できるボールがあったそうです。

昨年まで星稜中学の監督をされていて、今年から星稜高校の監督に就任した田中辰治監督も「テクニカルピッチ」について

「間違いなく全国制覇の原動力になった。

科学的な数値を基に練習することでスランプからの脱出にも効果がありそうだ」

と話されていて、高校でも導入すると話されています。

【星稜・ドラフト候補】佐宗翼投手の出身小学校は?

佐宗翼投手の出身小学校は、金沢市立額小学校です。

小学2年生から、額レッドライオンズで野球を始めました。

まとめ

今回は、【星稜・ドラフト候補】佐宗翼投手の最速は?出身中学校や小学校も紹介についてまとめさせていただきました。

是非、応援して楽しみましょう!

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました