【大阪桐蔭・ドラフト候補】南陽人投手の球速は?松原ボーイズの成績や中学校も紹介

スポーツ
スポンサーリンク

高校野球の超強豪・大阪桐蔭高校で高校1年秋からベンチ入りを果たした、南陽人(みなみはると)投手。

大阪桐蔭・強力投手陣の一角を、2024年秋から担います。

今回は、【大阪桐蔭】南陽人投手の球速は?松原ボーイズの成績や中学・小学校も紹介させて頂きます。

【大阪桐蔭】南陽人投手の球速は?

南陽人投手の球速など、Wikiプロフィールはコチラです↓

名前:南 陽人
読み方:みなみ はると
誕生日:2006年4月12日
年齢:17歳
出身地:大阪府泉南郡熊取町
身長:173cm
体重:77kg
血液型:O型
投打:右投・左打
ポジション:投手
最速:146キロ

南陽人投手の家族構成は父親・母親・兄・本人で、出身地は大阪府泉南郡熊取町です。

中学卒業後は、大阪桐蔭高校に進学。

南陽人投手は身長173cm・体重77kgと小柄ではありますが、球速は最速146キロで変化球の精度が高く、カーブ、スライダー、チェンジアップを操ります。

球速や球種がスゴい理由を調査したところ、

  • 長年にわたって練習を積み重ねてきた
  • 専門的なトレーニングを受けている
  • 最高の環境でのプレー

ということがわかりました。

その様子がわかる記事がコチラです↓

小学4年の夏の甲子園大会を観戦し硬球の迫力に圧倒された。

当時は朝5時に起きて約1時間、父宗和さんと一緒に走ったり、投球練習をしたりしてから登校した。

中学時代は動画配信サイトや講習会で体のゆがみの整え方などを学んだ。

今も日々のストレッチを入念に続ける。

引用元:毎日新聞

ちなみに、背番号1の平嶋桂知(かいち)投手とは仲良しですが、

「野球じゃライバル。負けたくない」

と、エースの座を競い合う間柄となっています。

高校1年の秋からベンチ入りし、2022年の明治神宮大会では、決勝・広陵戦に3回裏から途中登板し「2回(投球回数)・2被安打(1本塁打)・4奪三振・2失点」という投球内容で優勝!

また、2022年 近畿大会(秋季)では、準決勝・龍谷大平安戦に3回裏から途中登板し「3回(投球回数)1被安打・1奪三振・無失点」という完璧な投球を披露して優勝!

2022年秋の大会成績や試合内容が高く評価され、大阪桐蔭高校は2023年春のセンバツに出場し、ベスト4に入りました。

ちなみに、南陽人投手は現在プロ野球のスカウト担当者からコメントは出ていませんが、2024年秋のドラフト候補になる可能性が高い選手です。

理由としては、2023年春から超強豪校・大阪桐蔭の投手としてベンチ入りしていますし、まだ高校2年生なので、まだまだ成長することに期待できるからです。

南陽人投手はプロ野球選手、メジャーリーガーになることを目指しています。

大学、社会人野球でも通用する投手で、今後も日本野球界で活躍していくでしょう!

【大阪桐蔭・ドラフト候補】南陽人投手の松原ボーイズの成績や中学校は?

南陽人投手の出身中学校は、熊取町立熊取南中学校です。

大阪府松原市にある「松原ボーイズ」でプレーし、中学1年の時はショート、セカンドでも活躍しました。

また、中学通算6本塁打を放つほどバッティングセンスも高く、長打力がありました。

中学3年の時には「ボーイズ春季全国大会2021年」「ボーイズ選手権大会2021年」で2回戦へ進出しています。

【大阪桐蔭・ドラフト候補】南陽人投手の小学校は?

南陽人投手の出身小学校は、大阪府泉南郡熊取町にある熊取町立東小学校です。

軟式野球チーム「熊取ベアーズ」「泉南ボーイズ」でプレーしていました。

まとめ

今回は、【大阪桐蔭・ドラフト候補】南陽人投手の球速は?松原ボーイズの成績や中学校も紹介についてまとめさせていただきました。

是非、応援して楽しみましょう!

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました