イケメン・亀岡聖成(リベロ)の進路は?身長・最高到達点や出身小学校など経歴も紹介

バレーボール
スポンサーリンク

インターハイに続いてバレーボールの全日本高校選手権(春高バレー)でも優勝し、春高連覇を成し遂げた駿台学園の主将である亀岡聖成(せな)選手!

今後、日本のバレーボール未来を背負うだろう亀岡聖成選手!

成績も踏まえて、今後どんな進路に進むのか気になったので調査してみました。

イケメン・亀岡聖成(リベロ)の進路は?

亀岡聖成選手は2024年に高校を卒業するので、卒業後の進路が気になりますよね。

残念ながら、進路については現段階で情報は公開されていません。(2024年2月末時点)

高校卒業後の進路として、可能性は2つ考えられます。

  • 大学進学(バレーボールの強豪大学)
  • 企業のチーム(実業団)やプロチームに所属し、Vリーグなどの試合に出場

関係者の話によると、Vリーグ入りの可能性よりは進学の可能性が高いようです。

有力な大学としては、大学日本一の東海大学か2位の早稲田大学、筑波大学などが候補として挙がっているのではないでしょうか?

ちなみに、駿河学園高校バレー部出身で春高バレー2023では最優秀選手にも選ばれた佐藤遥斗選手は、早稲田大学に進学しています。

将来的には、日本代表に選ばれるような選手に育ってほしいですね!

代表のユニフォームを着る姿が楽しみです!

イケメン・亀岡聖成(リベロ)の身長・最高到達点は?

亀岡聖成選手の身長・最高到達点はコチラです↓

  • 名前:亀岡聖成かめおか せな)
  • 学年:3年
  • 身長:180㎝
  • 最高到達点:325㎝
  • 出身中学校:駿台学園中(東京)
  • アウトサイドヒッター
  • U18日本代表(2022年度)

テクニック抜群のスパイクに加え、昨年度は第14回アジアU18(ユース)男子選手権大会(イラン)にリベロとして出場。

レシーブ力の高さも証明し、ベストリベロ賞に輝いた守りも一級品の選手です。

また、キャプテンとしてのリーダーシップも強く持ち合わせており、監督やチームメイトからの信頼も抜群!

アウトサイドヒッターとして、同世代もプレーを参考にするオールラウンダーな選手です。

イケメン・亀岡聖成(リベロ)の出身小学校は?

亀岡聖成選手の出身小学校は、板橋区立前野小学校です。

小学1年からバレーボールを始め、東京都板橋で活動している小学生バレーボールクラブ「若葉ビクトリー」に所属。

「若葉ビクトリー」は、お父さんの亀岡竜介(かめおかりゅうすけ)さんがコーチを務めているジュニアバレーボールチームです。

お父さんは日本体育大学を卒業した、元バレー選手です!

高校時代に副キャプテンとしてチームをまとめ上げたうえ、東京都の選抜チームに入り国体にも出場するほどの実力者でした。

亀岡聖成選手は若葉ビクトリーの主将・エースとして活躍。

小学6年生のときに「全日本バレーボール小学生大会」でチームの優勝に貢献していました。

イケメン・亀岡聖成(リベロ)の中学校と高校での受賞歴は?

亀岡聖成選手は小学校卒業後、中高一貫校の「駿台学園中学校・高等学校」に進学します。

中学校と高校での受賞歴はコチラです↓

2019年 中学生 全日本中学校選手権大会 優勝
2022年 高校生 春の高校バレーボール大会 優勝
 インターハイ ベスト8
 関東私立高校男女バレーボール選手権 第3位 
 アジアU18男子選手権大会 優勝
2023年 高校生 関東高等学校男女バレーボール大会 優勝
 インターハイ 優勝
 春の高校バレーボール 優勝
 春校バレー 最優秀選手賞受賞

中学2生の時に「全日本中学校選手権大会」で優勝し、中学の時も大活躍し続けていましたね!

高校では、2年生からチームの中心選手として活躍。

「関東私立高等学校男女バレーボール大会」で3位入賞と、「2022年 インターハイ」でベスト8入賞を獲得。

「国民体育大会」で3位入賞、そして2023年1月に行われた「春高バレー」の優勝を獲得。

同じチームメイトの一つ上の先輩である佐藤遥斗選手と共に、優秀選手として選ばれました。

さらに、2023年2月に行われた「全日本ジュニアオールスタードリームマッチ」にチーム【WING】のリベロとして選出されました。

3年生ではチームの主将・キャプテンになり、チームをリードします。

まずは「関東高等学校男女バレーボール大会」で優勝を獲得。

次に「2023年 インターハイ」で7年ぶりに2度目の優勝を獲得し、高校でも大活躍し続けていましたね。

まとめ

今回は、イケメン・亀岡聖成(リベロ)の進路は?身長・最高到達点や出身小学校も紹介についてまとめさせていただきました。

亀岡聖成選手の今後の活躍にも期待ですね!

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました