【春高バレー】馬場柚希の高校は金蘭会!出身中学・小学校や経歴も紹介

バレーボール
スポンサーリンク

春高バレーで、強豪校の金襴高校が誇る新星・馬場柚希(ばばゆずき)選手が話題!

小学生から同世代のトップクラスの選手で、中学生からU18女子日本代表、さらに金蘭会高校では入学してすぐにスター軍団の柱として大活躍していますね!

今回は、日本バレーボール界のホープとして期待されている馬場柚希選手の経歴や学歴についてまとめさせていただきました。

【春高バレー】馬場柚希の高校は金蘭会!

馬場柚希選手の身長などWikiプロフィールはコチラです↓

  • 名前:馬場 柚希(ばば ゆずき)
  • 生年月日:2007年生まれ
  • 出身地:兵庫県宝塚市
  • 身長:180cm
  • ポジション:アウトサイドヒッター(OH)・ミドルブロッカー(MB)
  • 最高到達点:296cm
  • 現所属:金蘭会高等学校

馬場柚希選手は中学卒業後、女子バレーボールの強豪校である名門校の金蘭会高校へ進学しました。

上村杏菜選手がいらっしゃることでも有名ですね!

馬場柚希選手は、入学してすぐにメンバーとして活躍!

2023年3月から、新高校1年生も出場できるさくらバレー(全国私立高等学校男女選手権大会)で早々チームの5年ぶり6回目の優勝に貢献!

そして、2023年近畿大会の優勝に続き、2023年インターハイに出場しましたが2回戦で敗退。

しかしその後、2023年の国民体育大会では準優勝まで登り詰めました。

また、高校に入ってから早々に日本代表のキャプテンとして第1回アジアU16バレーボール選手権大会に出場し、6試合中全勝してチームを優勝に導きました。

第1回アジアU16バレーボール選手権大会での優勝は、まさに記念すべき初代チャンピオン!

大会MVP賞とベストアウトサイドヒッター賞も受賞し、日本の優勝に大きく貢献。

そんな馬場柚希選手のあこがれは、VリーグJTマーヴェラスの林琴奈選手だそうです!

【春高バレー】馬場柚希の出身中学校は?

馬場柚希選手の出身中学校は、宝塚市立安倉中学校です。

馬場柚希選手は、中学3年生の時に兵庫県代表として2022年12月に行われた全国都道府県対抗中学大会に出場し、最優秀選手賞にあたるJOC・JVAカップを獲得。

当時から、未来のオリンピアンとして注目されています!

また、同じ年に開催されたアジアU18女子選手権大会に唯一の中学生である馬場柚希選手が選出され、日本の優勝に貢献した逸材。

この大会後のインタビューで、以下のように話していました。

右肩上がりの成長曲線を描く逸材は

「もっと自分を磨き、日本代表として活躍できる選手になりたい」

と瞳を輝かせる。

引用元:神戸新聞NEXT

さらに全国中学生選抜女子に選ばれ、2023年2月にイタリアで開催されたDomovip Winter Cupにチームのキャプテンとして選出。

Domovip Winter Cupでチームを5試合中全勝に導いて大会MVP賞を受賞し、日本の勝利に大きく貢献しました。

【春高バレー】馬場柚希の出身小学校は?

馬場柚希選手の出身小学校は、宝塚市立安倉小学校です。

(安倉小学校は中学校と隣り合わせで、行き来するにも徒歩2~3分ほどの近さです。)

小学校1年生から、2歳年上の姉・夏希さんの影響でバレーボールを始めています。

姉・夏希さんは、現在大阪市にある私立・四天王寺高校でバレーボール選手として活躍していて、ポジションはMB(ミドルブロッカー)、身長は173cmです。

まとめ

今回は、【春高バレー】馬場柚希の高校は金蘭会!経歴や出身中学・小学校も紹介についてまとめさせていただきました。

  • 馬場柚希(ばばゆずき)選手の身長は180cm。
  • ポジションはアウトサイドヒッター(OH)、ミドルブロッカー(MB)。
  • 2022年12月に、全国都道府県対抗中学大会にて最優秀選手賞にあたる「JOC・JVAカップ」を獲得。
  • 2023年2月に、Domovip Winter CupでMVPを獲得。
  • 2023年7月に、アジアU16女子バレーボール選手権大会にてMVPを獲得。
  • 小学校1年生で、姉の影響でバレーボールをはじめた。

馬場柚希選手の今後の活躍にも期待ですね!

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました