バレー・上村杏菜(ハーフ)の進路は?身長・最高到達点や両親も紹介

バレーボール
スポンサーリンク

2023年春高女子バレーでは、金蘭会高校女子バレー部の上原杏菜選手が大活躍でしたね!

上村杏菜選手は身長168cmとバレー選手にしては小柄ながらも、高い身体能力持ったアタッカー。

2022年のアジアU20大会では高いブロックを次々に打ち破り、チームを優勝に導いてMVPにも選ばれました。

今回は、バレー・上村杏菜(ハーフ)の進路は?身長・最高到達点や両親も紹介させていただきます。

バレー・上村杏菜(ハーフ)の進路は?

下記のとおり、PFUが上村杏菜選手の内定を発表しました↓

バレーボールのVリーグ、V1女子のPFUブルーキャッツは、上村杏菜が内定したことを12月21日(木)に発表した。

上村は、金蘭会高(大阪)で1年生時からレギュラーを務めるパワフルなスパイクが武器のアウトサイドヒッター。

2022年はインターハイの優勝を経験し、自身もベスト6表彰選手に選ばれた。

また、U20女子日本代表として同年7月にカザフスタンで行われたアジアU20女子選手権の優勝に貢献。

自身も最優秀選手賞とベストアウトサイドヒッター賞を受賞した。

引用元:月バレ.com

上村杏菜選手は、間違いなく今後の日本の女子バレー界を背負っていく選手!

憧れのバレーボール選手は、春高バレーで活躍した日本代表の宮部藍梨(あいり)、愛芽世(あめぜ)姉妹。

宮部姉妹は上村選手と同じルーツを持つ、父親がナイジェリア人、母親が日本人のハーフです。

その宮部姉妹のプレーに魅了され、2人の母校である金蘭会中学校に進学したそうです。

憧れの宮部姉妹と日本代表で一緒にプレーする日も、そんなに遠くはないかもしれませんね!

バレー・上村杏菜(ハーフ)の身長・最高到達点は?

上村杏菜選手の身長・最高到達点などWikiプロフィールはコチラです↓

名前:上村 杏菜(うえむら あんな)
生年月日:2006年3月23日
出身:兵庫県姫路市
身長:168cm
体重:68kg
最高到達点:301cm
ポジション:アウトサイドヒッター
経歴:姫路市立八木小学校→金蘭会中学校→金蘭会高校

上村杏菜(うえむらあんな)選手は兵庫県姫路市の出身で、金蘭会高校に進学後は1年生からレギュラーを獲得。

1年夏のインターハイと1年冬の春高バレーはベスト4。

2年夏のインターハイでは日本一を達成しています。

また、2年時の7月にはU20日本代表として、U20アジア選手権に出場して優勝に貢献!

この大会で上村杏菜選手は大学生やVリーガーを抑え、最年少でMVPを獲得しました。

身長は168cmとあまり高さはないですが、最高到達点は301cmを誇り、そのジャンプ力とパワフルなスパイク力で得点を量産します。

2023年の春高バレーの取材に対して

「身長は関係ないというところを見せたい」

と話す、超強気なアタッカーです。

バレー・上村杏菜(ハーフ)の両親は?

上村杏菜選手はナイジェリア人の父と、日本人の母・洋子さんの間に日本で生まれました。

試合前には母親がつくる愛情たっぷりの

「餃子スープ」

を勝負飯として食べているそうです↓

そんな2年生エースの胃袋は、母がつくる愛情たっぷりの「ギョーザスープ」が支えている。

「本当においしいんですよ。試合前には必ず食べています」

まさに力の源となる勝負飯だ。

中華スープがベースの水ギョーザ。

たっぷり入れる野菜がポイントで、具はたまねぎ、ほうれん草、もやし、卵、ワカメなど。

洋子さんは

「喜んでくれているならうれしいです」

と優しくほほ笑んだ。

引用元:サンスポ

上村選手は、母親に対して心の面でも体の面でもずっと支えてくれていることを感謝し、バレーボールで日本一になって恩返しをしたいと話しています。

まとめ

今回は、バレー・上村杏菜(ハーフ)の進路は?身長・最高到達点や両親も紹介についてまとめさせていただきました。

今後の活躍にも期待ですね!

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました