古賀紗理那の父は野球選手で姉もかわいいバレー選手!祖父の一言でショートカットに?

バレーボール
スポンサーリンク

全日本女子バレー代表メンバーの古賀紗理那選手は、新キャプテンとしても注目されています!

お父さんはバレーとは無縁でしたが、お姉さんもバレーボールをしていたそうで、かわいいとの噂も。

今回は、古賀紗理那の父は野球選手で姉もかわいいバレー選手!祖父の一言でショートカットに?をご紹介させていただきます。

【画像】古賀紗理那の父は野球選手?

古賀紗理那選手のお父さんの名前は、古賀裕正(ひろまさ)さんです。

父・裕正さんは1967年8月4日生まれで、佐賀県吉野ヶ里町で吉野ヶ里町で育ちました。

小・中学校は野球をされていたそうで、バレー経験はありません。

しかし、古賀紗理那選手が、壁にぶち当たった時に父親の裕正さんにアドバイスを求めたそうです。

自分はバレーを知らないのに、声の出し方とか、力の入れ具合を聞いてくる。

それだけ、そのときは追い詰められていたんでしょうね。

それでも聞いて、なにかしらヒントがないか探す。

そういうことだったんだと思います

親子の信頼関係が出来ている証ですね!

野球とバレーボールは、団体競技なのでどこか通ずるものがあるのかもしれません。

紗理那さんのバレーには、父親の野球のエッセンスも組み込まれているのですね。

【画像】古賀紗理那は母の影響でバレーを始めた?

古賀紗理那選手がバレーを始めたきっかけは、母・古賀博枝さんの影響だったようです。

1967年5月20日生まれで、お父さんと同い年になります。

母・古賀博枝さんは中学・高校時代にバレーをされていたようで、女の子が生まれたらバレーをさせたいと思っていたそうです。

というのも、お母さんは中学、高校でバレーに熱中しましたが、「春高バレー」の夢は果たせなかったそう。

それで長女の古賀麗那さんと一緒に、幼い頃からお母さんはママさんバレーの練習に一緒に連れて行っていたそうです。

中学、高校時代に競技経験のある母・博枝さんの

「女の子が生まれたらバレーをさせたかった」

という思いで、姉の麗那とともに幼いころからママさんバレーに連れて行かれた。

母の目には、古賀は競技開始時からダッシュやパスのフォームがさまになり、才能の片鱗(へんりん)を感じさせていた。

引用元:サンスポ

こうして、紗理那さんは小学校2年生からバレーを始めますが、母・博枝さんはすぐに、娘の才能の片鱗を感じます。

また、どんな練習も母親が付き合ってくれたようで、バレーに集中できる環境を作ってくれたのが現在の古賀紗理那選手につながっているんですね!

【画像】古賀紗理那の姉もかわいいバレー選手?

古賀紗理那選手のお姉さんは、古賀麗那(れいな)さんです。

1994年5月31日生まれで、紗理那さんより2歳年上になります。

姉・古賀麗那さんも小学校時代からお母さんの影響でバレーを始め、熊本信愛高校へ進学しバレーを続けていました。

古賀紗理那選手は高校進学の時には県内外から7校ものバレー強豪校から誘いがあったようですが、お姉さんの古賀麗那さんの誘いで姉と同じ熊本信愛高校へ進学します。

高校進学の時期には金の卵のもとへ県内外から7校以上のオファーが届いたが、すでに熊本信愛女学院高バレー部に所属していた2つ上の姉・麗那さんの後押しもあり、同校に進学した。

そして、高校1年時の練習試合中。

先輩からの言葉に古賀は号泣した。

「紗理那のために、私たちがんばるよ」

これまでのチームでエースを務めた自信とは違う境地に初めて立つと、涙があふれた。

博枝さんは

「そういう言葉をかけてもらったのが、初めてだったみたい。

そうしたら、また自分も3年生のためにがんばる、みたいな心境になった」

と分析した。

引用元:サンスポ

1年生でただ一人のレギュラーとなった紗理那さんは、3年生の麗那さんとの「ツインタワー」で春高ベスト4を果たします。

【画像】古賀紗理那の家族構成まとめ

ということで、古賀紗理那選手の実家の家族構成は父・母・姉・古賀紗理那の4人家族です。

  • 父:古賀 裕正(こが ひろまさ/生年月日:1967年8月4日)
  • 母:古賀 博枝(こが ひろえ/生年月日:1967年5月20日)
  • 姉(長女):古賀 麗那(こが れいな/生年月日:1994年5月31日)
  • 次女:古賀 紗理那(こが さりな/生年月日:1996年5月21日)
  • 父方の祖父:古賀 義治(こが よしはる)

ちなみに、古賀紗理那選手は小さい時からおじいちゃん子で、長崎の実家のいる時はお爺ちゃんとよく遊んでいたそうです。

古賀紗理那選手は高校を卒業後、NECレッドロケッツに入団し東京へ行ってからは毎週のように祖父に電話をしていたようで祖父の前では素でいられてとの事。

厳しい勝負の世界で張り詰めた気持ちでいることの多い紗理那さんだが、義治さんの前では素直になれる。

言われたことも、たいていは受け入れるという。

最近、髪形をショートに変えたのも義治さんの言葉がきっかけだった。

「外見のこと、けっこう言われます。

これまで『長いほうがいい』って言うから伸ばしていました。

でもあるとき『どっちかといえば、どっちがいい?』と聞いたら、

『短いほう』と言うから、そうなんだと思って。

(新しい髪形をテレビで見て)

『やっぱり短いほうがいいね』なんて言っていました。

普段の電話はそんな感じです」

引用元:オリパラ

古賀紗理那選手はショートがよく似合っていますが、お爺ちゃんのひと言とは驚きですね!

本当に、心優しいお爺ちゃんだったみたいです。

まとめ

今回は、古賀紗理那の父は野球選手で姉もかわいいバレー選手!祖父の一言でショートカットに?について紹介させていただきました。

是非、女子バレーボールも応援して楽しみましょう!

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました