【画像】松生理乃の身長は?コーチや学歴とフィギュア経歴の紹介も

スケート
スポンサーリンク

女子フィギュアスケートで、国民スポーツ大会冬季大会のショートプログラムで2位の松生理乃選手!

また、2020年NHK杯では3位の銅メダルを獲得。

手足がスラリと伸びた抜群のプロポーションとその軽やかな演技は浅田真央さん2世とも呼ばれ、若手のホープでかわいいと評判です!

今回は、そんな松生理乃選手のコーチやWikiプロフィールなど紹介させていただきます。

松生理乃の身長は?

松生理乃選手の身長は150cmです。

ちなみに、参考までに有名なスケーターの身長がコチラです↓

【日本女子フィギュアスケーター身長】
  • 荒川静香さん:166cm
  • 浅田真央さん:163cm
  • 本田真凜さん:163cm
  • 村上佳菜子さん:162cm
  • 紀平梨花さん:155cm

フィギュアスケートは低身長ではジャンプが有利で、高身長だとダイナミックな表現ができるそうです。

松生理乃のコーチは2人

松生理乃選手は、2人のコーチから指導を受けています!

樋口美穂子コーチ

山田満知子コーチ

1人ずつご紹介させていただきます。

コーチ①【樋口美穂子】

1人目のコーチは、樋口美穂子コーチです。

【プロフィール】
  • 名前:樋口 美穂子(ひぐち みほこ)
  • 生年月日:1969年5月13日
  • 年齢:54歳
  • 出身地:愛知県
  • 身長:161㎝
  • 体重:50㎏
  • 職業:LYSフィギュアスケートクラブ代表・ヘッドコーチ兼振付師
【経歴】
  • 名古屋市立前津中学校卒業
  • 中京女子高等学校(現在の至学館高等学校)卒業
  • 卒業後、山田満知子コーチのもとでフィギュアスケート選手として活動する
  • 1981年、全日本ジュニア選手権2位
  • 1989年、20歳の時に現役を引退する
  • 1990年、「グランプリ東海」で山口満知子コーチのアシスタントとなる
  • 1990年半ばから振付師としても活動を開始
  • 2022年、グランプリ東海クラブから独立して新たに「LYSフィギュアスケートクラブ」を立ち上げる

下記の通り、宇野昌磨選手や↓

浅田真央さん↓

そして、今期待の上薗恋奈さんらを育てたコーチです!

樋口美穂子コーチは、松生理乃選手を

ひ弱そうな感じ。

黙々と1人でずっと練習している真面目な子でした。

普通の子は時間が来て“できなかった”とやめちゃうけど、あの子は2回できるまでやる。

それは凄い。そこからちょっと一つ階段を上がった。

このように話していました。

コーチ②【山田満知子】

2人目のコーチは、山田満知子コーチです。

【指導した選手】
  • 伊藤みどりさん
  • 浅田真央さん
  • 浅田舞さん
  • 村上佳菜子さん
  • 中野友加里さん
  • 宇野昌磨さん

山田満知子コーチは上記の名だたる選手を育てていて、女子フィギュア界に多大なる貢献をされていて有名です。

また、山田満知子コーチ自身も元フィギュアスケートの選手でした。

7歳からスケートを始め、国体少年の部、インターハイで優勝経験があります。

さらに1960/61シーズンには、全日本ジュニア選手権、全日本選手権で2位の成績を残しています。

山田満知子コーチは松生理乃選手のことを、

ジャンプ・スケート・表現の何かが突出している訳じゃない。

どれも平均70点。でも、とにかく真面目。それは真央ちゃんも同じだった。

理屈が分かってきて、最近は滑りが変わった。

このように話しています。

松生理乃の学歴は?

松生理乃選手の学歴はコチラです↓

  • 大学:中京大学
  • 高校:中京大学付属中京高等学校
  • 中学校:名古屋市立前津中学校

ひとつずつご紹介させていただきます。

松生理乃の大学【中京大学】

松生理乃選手の大学は中京大学です。

中京大学フィギュアスケート部は名門で、安藤美姫さんや浅田真央さん、村上佳菜子さんや宇野昌磨さん

などを輩出しています。

松生理乃の高校【中京大学付属中京高等学校】

松生理乃選手の出身高校は、中京大学付属中京高等学校です。

中京大学付属中京高等学校といえば、浅田真央さんや安藤美姫さん、宇野昌磨さん

など有名なフィギュアスケーターが多く在学していた高校ですね!

松生理乃の中学校【名古屋市立前津中学校】

松生理乃選手の出身中学校は、名古屋市立前津中学校です。

南山大学付属小学校を卒業したのち、同系列の私立聖霊中学校へ入学しました。

その後、元フィギアスケーターも複数通っていた中学校の名古屋市立前津中学校に転校されたようです。

松生理乃のフィギュア経歴まとめ

松生理乃選手のフィギュア経歴はコチラです↓

  • 2022年 チャレンジカップ 優勝
  • 2022年 ISU 四大陸フィギュアスケート選手権大会 5位
  • 2021年 全日本フィギュアスケート選手権大会 7位
  • 2020年 全日本フィギュアスケート選手権大会 4位
  • 2020年 ISUグランプリNHK杯 3位
  • 2020年 全日本フィギュアスケートジュニア選手権大会 優勝
  • 2019年 全日本フィギュアスケートジュニア選手権大会 9位
  • 2019年 ISUジュニアグランプリラトビア大会 3位
  • 2018年 全日本フィギュアスケートジュニア選手権大会 8位

松生理乃選手は幼い頃は喘息やアレルギー持ちで、入退院を繰り返しながらリンクに通って練習していたというすごい努力家デス!

そして、ご実家は愛知県名古屋市にあるようで、かなり裕福なご家庭の可能性があります。

というのも、フィギュアスケートを選手レベルでやる上で必要な費用についてはとんでもなくかかります。

その費用は年間で約150万円〜300万円(遠征費などは含まない)程度と言われています。

その内訳がコチラです↓

  • 月謝
  • 個別レッスン代
  • 曲の使用料・編曲代
  • 振付代
  • スケート靴
  • ユニフォーム
  • クラブの入会費
  • クラブの年会費+手数料(必要な場合)
  • 遠征費
  • 大会用の衣装代

さらにNEWポストセブンよると、

五輪を目指すような選手の場合は世界的に有名な振付師に振付を依頼することも重要で、その費用はショートとフリーの2曲で200万円ほど。

国内で練習して試合に出場する限りは年間500万円程度。

しかし、海外で合宿を行ったり、海外の大会に出場したりすれば、軽く年間1000万円は超えていくとのことです。

引用元:NEWSポストセブン

上記のように、長く続けるには家族のサポートと金銭面のサポートが必要になります。

松生理乃のWikiプロフィール

松生理乃選手のWikiプロフィールはコチラです↓

名前:松生理乃(まついけ りの)

生年月日:2004年10月10日

出身地:愛知県名古屋市

身長:150㎝

血液型:B型

家族:両親、姉(5歳上)

所属クラブ:中京大学附属中京高等学校

元所属クラブ:グランプリ東海クラブ

趣味:読書、写真を撮ること

好きなフィギアスケートの技:ニースライド(ニースライダー)

演技前のルーティーン:姉が作ってくれたお守りをギュッと握ること

スケートを始めたときから、「グランプリ東海」に所属してフィギアスケートの技術に磨きをかけてきた松生理乃さん。

「グランプリ東海」は、浅田真央さん、村上佳菜子さん、宇野昌磨さんなども所属していたクラブになります。

まとめ

今回は、【画像】松生理乃の身長は?コーチや学歴とフィギュア経歴の紹介もについてまとめさせていただきました。

かわいいだけでなく努力家の松生理乃選手、今後の活躍も期待できるので注目ですね!

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました