上薗恋奈の両親はどんなひと?フィギュアを始めたきっかけや海外の評価も調査

スケート
スポンサーリンク

ジュニアフィギュアスケート女子で13歳の新星・上薗恋奈(うえぞのれな選手!

12月8日に北京で開催されたジュニアグランプリファイナルでは見事3位に輝き、堂々と表彰台に上がりましたね!

国際舞台で結果を残した上薗選手、早速Twitter(X)でかわいいと噂になっています。

そんな上薗恋奈選手の両親はどんな人?フィギュアスケートを始めたきっかけは?と気になったので調査してみました!

上薗恋奈の両親はどんなひと?

上薗恋奈選手の父親と母親について調査しましたが、一般人の方のため、名前など有力な情報がありませんでした。

ご両親の職業は不明ですが、フィギュアスケートで活躍すると相当お金がかかりますので、年収はかなり高いのではないでしょうか。

理由は、フィギュアスケートを選手レベルでやる上で必要な費用についてはとんでもなくかかります。

その費用は年間で約150万円〜300万円(遠征費などは含まない)程度と言われています。

その内訳がコチラです↓

  • 月謝
  • 個別レッスン代
  • 曲の使用料・編曲代
  • 振付代
  • スケート靴
  • ユニフォーム
  • クラブの入会費
  • クラブの年会費+手数料(必要な場合)
  • 遠征費
  • 大会用の衣装代

さらにNEWポストセブンよると、

五輪を目指すような選手の場合は世界的に有名な振付師に振付を依頼することも重要で、その費用はショートとフリーの2曲で200万円ほど。

国内で練習して試合に出場する限りは年間500万円程度。

しかし、海外で合宿を行ったり、海外の大会に出場したりすれば、軽く年間1000万円は超えていくとのことです。

引用元:NEWSポストセブン

お母さんは勤めていた仕事を辞め、今は上薗恋奈さんのサポート役として日々お世話をしてるそうです。

上薗恋奈のフィギュアスケートを始めたきっかけは?

スケートを始めたきっかけは、お父さんと上薗恋奈さんがトランポリンで遊んでいた時のこと。

まだ3歳か4歳だったにも関わらず、トランポリンで飛んでクルリと回ったそうです。

それを見たお父さんが「体幹すごいな!スケートでもやってみるか?」と言ったのがきっかけだそう。

本当に娘さん思いのご両親ですね!

上薗恋奈の海外の評価は?

上薗恋奈選手は、世界大会で金メダルに輝きました!素晴らしいですね!

また、ISU(International Skating Union/国際スケート連盟)の公式X(旧ツイッター)でも

『トップへジャンプ!レナ・ウエゾノがクリーンなスケートで、グダニスクでのジュニアGPで金メダルを獲得』

と投稿されていて、世界各国に上薗恋奈の名前が拡散されたようです↓

それから、国際スケート連盟ジュニアGP公式YouTubeチャンネルで紹介された演技映像を見た実況・解説者のコメントがコチラです↓

■スピードも素晴らしく、加速も良かった

■振り付けが素晴らしい

■振り付けで魅力的だと思ったのは、より劇風だったことです

■全てにおいて音楽と合っていました

■いくつかのトランジションは難しさよりも物語に重きを置いているようでした

■アメージングです

海外でも、3連続ジャンプが相当高く評価されていますね!

上薗恋奈の身長などWikiプロフィール

上薗恋奈選手のWikiプロフィールはコチラです↓

名前:上薗 恋奈(うえぞの れな)

生年月日:2010年6月7日

年齢:13歳(2023年12月現在)

身長:157cm

趣味:料理、ピアノ、オシャレすること

出身地:愛知県北名古屋市

所属:LYSフィギュアスケートクラブ

上薗恋奈選手はリンクに入る時と出る時、床に両手をタッチします。

おそらく上薗恋奈選手なりの挨拶なのではないかと思われます。

この仕草もかわいいという声も多いようです!

まとめ

今回は、上薗恋奈の両親はどんなひと?フィギュアを始めたきっかけや海外の評価も調査についてまとめさせていただきました。

まだ13歳で、今後さらに大活躍する可能性があるニューヒロイン!

ご活躍が期待されますので応援しています!

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました