神戸弘陵学園野球部・石原康司監督!男子も女子も甲子園に導いた指導術を紹介

スポーツ
スポンサーリンク

神戸弘陵学園で男女の硬式野球部を、監督として甲子園に導いた唯一の名将・石原康司(こうじ)監督!

石原康司監督は、同校の男子硬式野球部を3回甲子園に導いただけでなく、女子硬式野球部を10回も全国制覇へ導いた名将です。

今回は、そんな名将・石原康司監督の指導術を紹介させていただきます。

神戸弘陵学園野球部・石原康司監督のWikiプロフィール

神戸弘陵学園野球部・石原康司監督のWikiプロフィールはコチラです↓

名前:石原 康司(いしはら こうじ)
出身地:兵庫県神戸市
職業:保健体育・芸術書道教諭

石原康司監督は兵庫県神戸市の出身で、高校時代は兵庫県立神戸甲北(こうほく)高校でプレーしています。

最高の成績は、兵庫県大会でベスト16だったそうです。

高校を卒業後、大阪府にある私立大阪体育大学へ進学し、現役時代はショートで活躍しています。

神戸弘陵学園野球部・石原康司監督が男子も女子も甲子園に導いた指導術とは?

石原康司監督は大学を卒業して地元に戻り、1984年から神戸弘陵学園高等学校に赴任しました。

そして、男子の野球部コーチを務め、1993年から監督に就任します。

コーチとして、甲子園に3回(夏の甲子園1回・春のセンバツ2回)。

監督としては、春のセンバツに2回出場し、1994年にチームをベスト8に導いています。

2014年に女子監督に転じると、春3度・夏2度の全国制覇と、史上初の女子高校野球3大会の「3冠」を達成したチームに導きました。

ユース大会などを含めると、日本一を10度手にしている石原監督は指導法などを下記のように話されていました。

「一番は人間形成。

野球がうまいことが、将来的に役に立つわけではありません」

と語り、技術よりも人間性の育成を念頭に置いて指導している。

さらに就任当初は

「練習の量、質など、どこまでやっていいか分からなかった」

と、女子と男子の違いに戸惑いを感じたこともあった。

選手とは積極的にコミュニケーションを取るように心掛けている。

男子監督時代は

「声を出せ!」「元気がないぞ!」

などと、一方的に指示を与えていたというが、今は違う。

「『ちょっとおとなしいな?』など、受け手に考えさせることを意識させています。

時にはジョークを絡ませながら。

ネガティブな考えは感情が左右される。

前向きに気持ちよく練習できる環境が絶対に必要です」

就任当時、女子野球の知名度は今よりも低く、野球をする女子中学生はごくわずかだった。

さらに高校では、実業団や五輪など先の目標があるソフトボールに進む選手が大半。

全国のクラブチームを視察しても、保護者や指導者から

「野球をやるメリット、将来はあるのか?」

と問われ、答えられなかったという。

それでも、野球が好きで入部してくれた選手たちを裏切ることはできなかった。

「自分を信じてくれたからには、私も全力でサポートする。

1期生には3年で日本一になると大口を叩いてしまったこともあった」と笑う。

「女子選手の野球寿命は短い。だからこそ目標が掲げられると信じています。

小、中、高、大学と、大きなピラミッドになってもらいたい」

女子高校野球も、甲子園や東京ドームで決勝戦を行うようになり、注目度がアップ。

選手に目標が生まれ、参加校も右肩上がりだ。

「まだまだ女子野球は可能性を秘めています。

経験者が親になり、子どもを持った時に『野球をやりたい』と思ってもらえるように。

今後も指導方針を変えることなく、社会に出ても恥ずかしくない選手を育てていきたい」

引用元:First-Pitch

女子野球の人気が一過性にならないようにと、指導を続けていく意向を示されていました。

神戸弘陵学園野球部出身のプロ野球選手は?

神戸弘陵学園野球部出身のプロ野球選手はコチラです↓

山井大介選手(中日ドラゴンズ)

玉野宏昌選手(西武ライオンズ)

佐藤友紀選手(西武ライオンズ)

1人ずつご紹介させていただきます。

神戸弘陵学園野球部出身のプロ野球選手①【山井大介選手(中日ドラゴンズ)】

1人目は、山井大介選手です。

投打右投右打
身長/体重179cm/86kg
生年月日1978年5月10日
経歴神戸弘陵高 – 奈良産業大 – 河合楽器
ドラフト2001年ドラフト6巡目

2014年にNPBの最多勝利と最高勝率のタイトルを獲得。

翌年の開幕投手を務め、現在は中日ドラゴンズの二軍投手コーチを務めています。

神戸弘陵学園野球部出身のプロ野球選手②【玉野宏昌選手(西武ライオンズ)】

2人目は、玉野宏昌選手です。

投打右投右打
身長/体重182cm/78kg
生年月日1978年6月1日
経歴神戸弘陵高
ドラフト1996年ドラフト1位

1996年にドラフト1位で西武ライオンズに入団されました。

神戸弘陵学園野球部出身のプロ野球選手③【佐藤友紀選手(西武ライオンズ)】

3人目は、佐藤友紀選手です。

投打左投左打
身長/体重183cm/70kg
生年月日1979年6月26日
経歴神戸弘陵高
ドラフト1997年ドラフト2位

1997年にドラフト2位で西武ライオンズに入団されました。

まとめ

今回は、神戸弘陵学園野球部・石原康司監督!男子も女子も甲子園に導いた指導術を紹介についてまとめさせていただきました。

是非、応援して楽しみましょう!

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました