【報徳学園・ドラフト候補】間木歩投手の身長や最速は?中学時代や兄・優弥も紹介

スポーツ
スポンサーリンク

報徳学園のドラフト候補・間木歩投手は、エースで主将という大役を担っています!

さらに、間木歩投手は学校では特進クラスに所属する文武両道に秀でた人物でもあり、兄・優弥さんは秋田大学医学部の野球部に所属し主将を務めています。

今回は、【報徳学園・ドラフト候補】間木歩投手の身長や最速は?中学時代や兄・優弥も紹介させていただきます。

【報徳学園・ドラフト候補】間木歩投手の身長や最速は?

間木歩投手の身長など、Wikiプロフィールはコチラです↓

名前:間木 歩(まき あゆむ)
生年月日:2006年7月26日
出身:兵庫県伊丹市
身長:180cm
体重:82kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:伊丹市立桜台小学校→伊丹市立天王寺川中学校→報徳学園

間木歩投手のストレート最速は、144km/h。

遠投118メートルで、50メートル走は6秒6。

変化球はスライダー、カーブ、チェンジアップで制球力に優れた右ピッチャーです。

そんな間木歩投手は、報徳学園高校進学後に1年秋からベンチ入り。

同期チームメイトには、今朝丸裕喜投手らがいます。

1年秋の公式戦ではチームトップの8試合に登板し、兵庫県大会優勝、近畿大会準優勝に貢献。

兵庫県大会準決勝の育英高校戦では、初先発を初完封で飾っています。

翌2年春のセンバツでは全5試合に登板し、準優勝。

2年夏の兵庫県大会を5回戦敗退で終えると、秋の新チームからは背番号1を獲得するとともに主将に就任しました。

エースで主将は、90年以上の歴史を誇る報徳学園野球部で初めてのことだそうです。

2年秋の公式戦では7試合に登板し、合計41回1/3を投げ、被安打23、奪三振42、与四死球6、失点2(自責点2)、防御率0.44の好成績で、兵庫県大会優勝、近畿大会ベスト8。

そんな間木歩投手の将来の夢は、プロ野球選手です。

しかし、特進クラスに在籍していることもあり、高校卒業後は大学進学が有力と見られています。

ネット上では慶應義塾大学に進学するのでは?という意見も見られました。

【報徳学園・ドラフト候補】間木歩投手の中学時代は?

中学時代は、兵庫伊丹ヤングでプレーしていました。

中学2年生まではショートで、中学3年生からピッチャーに転向。

中学3年時のヤングリーググランドチャンピオン大会では、準優勝を経験しています。

【報徳学園・ドラフト候補】間木歩投手の兄・優弥

間木歩投手は全員男の4人兄弟の3番目で、お兄さんに間木優弥さんがいらっしゃいます。

兄の優弥さんは投手で、中学時代は伊丹ヤングの2015年度 21期生、兵庫市立西宮高校の野球部出身です。

細身で右投げ、人生のモットーは「思いついたらすぐやる」だそうです。

高校卒業後は、秋田大学・医学部医学科に進学して準硬式野球部に所属されています。

現在、大学4年生で野球部の主将を務めています。

2023年の第66回東医体準硬式野球競技にてベスト8となっていて、秋田大学医学部準硬式野球部の第66回東医体の総合成績は4位となっています。

ちなみに、「東医体」とは↓

東日本(新潟県新潟市・長野県松本市・山梨県甲府市以東)に所在する大学のほとんどの医学部が参加する医学生のスポーツの大会である。

対して、西日本(富山県富山市・岐阜県岐阜市・愛知県長久手市・静岡県浜松市以西)では

「西日本医科学生総合体育大会(西医体)」

が開催されており、競技によっては東医体の優勝校が西医体の優勝校と対戦して全国一を決定する

「全日本医科学生体育大会王座決定戦(全医体)」

が行われる。

引用元:Wikipedia

「東日本医科学生総合体育大会」となります。

まとめ

今回は、【報徳学園・ドラフト候補】間木歩投手の身長や最速は?中学時代や兄・優弥も紹介についてまとめさせていただきました。

是非、応援して楽しみましょう!

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました