【画像】三浦璃来がかわいい!父親は会社社長?木原龍一との身長差も紹介

スケート
スポンサーリンク

フィギュアスケート北京オリンピックの日本代表にも選ばれ、今大注目の三浦璃来選手と木原龍一選手のペア!

今回は、【画像】三浦璃来がかわいい!父親は会社社長?木原龍一との身長差も紹介していきます!

【画像】三浦璃来がかわいい!

三浦璃来選手のかわいい画像はコチラです↓

いい表情されていますね!

三浦璃来の父親は会社社長?

三浦璃来選手の父・雄次郎さんは、株式会社三浦オートの社長と言われています。

事業内容として、自動車の修理・整備・販売/中古トラック販売・買取/自動車保険代理店などをされているようです。

それもあり、三浦璃来選手の実家はお金持ちの可能性があります。

というのも、フィギュアスケートを選手レベルでやる上で必要な費用についてはとんでもなくかかります。

その費用は年間で約150万円〜300万円(遠征費などは含まない)程度と言われています。

その内訳がコチラです↓

  • 月謝
  • 個別レッスン代
  • 曲の使用料・編曲代
  • 振付代
  • スケート靴
  • ユニフォーム
  • クラブの入会費
  • クラブの年会費+手数料(必要な場合)
  • 遠征費
  • 大会用の衣装代

さらにNEWポストセブンよると、

五輪を目指すような選手の場合は世界的に有名な振付師に振付を依頼することも重要で、その費用はショートとフリーの2曲で200万円ほど。

国内で練習して試合に出場する限りは年間500万円程度。

しかし、海外で合宿を行ったり、海外の大会に出場したりすれば、軽く年間1000万円は超えていくとのことです。

引用元:NEWSポストセブン

上記のように、長く続けるには家族のサポートと金銭面のサポートが必要になるためです。

三浦璃来の家族構成まとめ

三浦璃来選手の家族構成はコチラです↓

  • 父:雄次郎さん
  • 母:由理子さん
  • 本人:璃来さん
  • 妹:鈴音(りん)さん

下記のように、三浦璃来選手の家族仲は良いことでも知られています。

父の雄次郎さん、母の由理子さん、そして仲良しの妹の鈴音さん。

三浦を支えてくれる大切な家族だ。

三浦は普段は試合の話はあまりしない。

そのかわり、カナダで過ごした普段の練習や出来事を話した。

引用元:朝日新聞デジタル

妹の名前は、三浦鈴音さん。

名前の読みは「鈴音」と書いて「りん」と読み、三浦璃来さんとは5歳差です。

三浦璃来さんより背が高く、少し雰囲気も違ってボーイッシュな印象です。

三浦璃来さんが、練習拠点のカナダから1年4ヶ月ぶりに帰ってきた時のエピソードです。

玄関で出迎えてくれた自分より背が高くなってしまった妹の鈴音さんを見て、「デカ!」と発言したそうです。

カナダに出発する前の2020年1月時点では、まだ身長が同じくらいだったようなので、余計に驚いたのでしょうか。

三浦璃来・木原龍一の身長差は?

三浦璃来選手と木原龍一選手の身長差は30cmです!

三浦璃来さんの身長は145cmで、木原龍一さんの身長は175cmなのでかなりの身長差がありますね!

三浦璃来さんと木原龍一さんのペアは2019年8月からペアを組んでいますので、歴は2024年2月現在で4年半ほどです!

実は、三浦璃来選手からはじめは「正直言うと、話しかけづらい怖いイメージでした」と言われていたそうです。

木原龍一選手自身でも、「集中していると喋らなくなるので、怖がられる」とインタビューで話していて、一見怖いというイメージを持たれることも多いそうです。

実際は怖くなくて、真面目なときもあれば冗談をいう時もあるんだそう!

そんな木原龍一選手は、以前フィギュアの世界国別対抗戦でチームの主将を務めています。

それから、ブログを運営しているそうですが、マメに更新されていて文章も読みやすいそうです。

また、ペアで演技をする際も相手のことを気遣う様子が見られています。

そういったことや雰囲気からも、誠実で真面目そうな印象を受けますよね!

三浦璃来のWikiプロフィール

三浦璃来選手のWikiプロフィールはコチラです↓

  • 名前:三浦璃来(みうら りく)
  • 生年月日:2001年12月17日
  • 出身地:兵庫県宝塚市
  • 小学校:宝塚市立宝塚小学校
  • 中学校:宝塚市立御殿山中学校
  • 高校:向陽台高等学校(通信制)
  • 大学:中京大学 スポーツ科学部競技スポーツ科学科
  • 身長:145cm
  • 血液型:O型
  • 趣味:空手(回し蹴りが得意)
  • 所属:IMG

兵庫県宝塚市に生まれた三浦璃来さんは、小学校・中学校と地元の公立校に通っていました。

母校の宝塚小学校では、北京オリンピックに出場する三浦璃来さんを応援する記事を掲載↓

『広報たからづか2月号』

で紹介されていますように、フィギュアスケートペアの代表三浦璃来さんは、宝塚小学校の卒業生として世界で活躍されています。

宝塚市役所には、横断幕も掲げられ4日の団体戦のショートプログラムを皮切りに素敵なパフォーマンスを見せてくれることと思います。

引用元:宝塚小学校HP

今や世界で活躍するようになった三浦璃来さん。

日本のフィギュアスケート・ペア競技のレベルを押し上げた存在として注目されており、地元の方もうれしいでしょうね!

2021年のゴールデンウィーク期間には、カナダの練習拠点から自宅に戻ったそうです。

コロナ禍で外出ができなかったので、お寿司を宅配してもらい、家族で楽しく過ごしたそうです。

三浦璃来さんは普段あまり試合の話をしないそうで、ご両親には練習のことや、海外で経験し自分が感じたことを語ったそうです。

木原龍一のWikiプロフィール

木原龍一選手のWikiプロフィールはコチラです↓

名前:木原龍一(きはら りゅういち)

生年月日:1992年8月22日

年齢:31歳(2024年2月時点)

身長:175㎝

体重:73㎏

出身:愛知県

血液型:A型

最終学歴:中京大学卒業

職業:木下グループ

趣味:野球

オリンピック出場:2014年ソチ・2018年平昌

優勝歴:全日本4回、グランプリファイナル2022など

経歴はコチラです↓

  • 1996年:4歳でスケートを始める
  • 2010年:18歳、高校総体で優勝/全日本選手権ジュニアで2位
  • 2011-2012年:チャレンジカップでシニアの国際大会デビューをし7位。
  • 2012-2013年:ペアへ転向
  • 2013-2014年:髙橋成美選手とペアを組む
  • 2015-2016年:須崎海羽選手とペアを組む
  • 2019-2020年:三浦璃来選手とペア結成
  • 2020-2021年:世界国別対抗戦で3位
  • 2021-2022年:フィギュアスケートの世界選手権で銀メダルを獲得(日本勢のペア種目では五輪を含め過去最高順位)
  • 北京冬季オリンピック:団体初の銅メダル獲得
  • 四大陸フィギュアスケート選手権2023:初優勝

木原龍一さんは4歳のころからスケートを始めています。

お母様が色々な習い事をさせた結果、スケートをしている姿が一番楽しそうだったというところからスケート時代がスタートしています。

小学校は東海市立名和小学校へ入学。

中学校は東海市立名和中学校に進み、中学2年生の頃には荻野正子コーチの指導を、中学3年生の時には長久保裕コーチの指導を受けていました。

高校はスケート強豪校・中京大学附属中京高等学校で、2008年4月に入学し2011年3月に卒業しています。

大学は中京大学スポーツ科学部で、2011年に入学し2015年3月に卒業をしています。

まとめ

今回は、【画像】三浦璃来がかわいい!父親は会社社長?木原龍一との身長差も紹介についてまとめさせていただきました。

日本のフィギュアスケート・ペア競技のレベルを押し上げたりく・りゅうペアの今後の活躍に期待ですね!

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました