住吉りをんはお金持ち?実家は都内の一等地で父は会社社長?コーチの紹介も

スケート
スポンサーリンク

フィギュアスケートの2023年GPシリーズ第3戦フランス大会のフリーで、ついに4回転トーループを成功させた住吉りをん選手!

可愛いことや、お金持ちのお嬢様であるという事で大きく話題になり注目を集めています。

さらに、中学生の頃には、将来の可能性を秘めたアスリートの卵を紹介する番組、フジテレビ系列「ミライモンスター」でも紹介されました。

そんな、住吉りをんさんの実家や家族構成についても詳しく調査していきたいと思います!

住吉りをんはお金持ち?

住吉りをん選手の実家はお金持ちだという噂は本当なのでしょうか?

フィギュアスケートを選手レベルでやる上で必要な費用についてはとんでもなくかかります。

その費用は年間で約150万円〜300万円(遠征費などは含まない)程度と言われています。

その内訳がコチラです↓

  • 月謝
  • 個別レッスン代
  • 曲の使用料・編曲代
  • 振付代
  • スケート靴
  • ユニフォーム
  • クラブの入会費
  • クラブの年会費+手数料(必要な場合)
  • 遠征費
  • 大会用の衣装代

さらにNEWポストセブンよると、

五輪を目指すような選手の場合は世界的に有名な振付師に振付を依頼することも重要で、その費用はショートとフリーの2曲で200万円ほど。

国内で練習して試合に出場する限りは年間500万円程度。

しかし、海外で合宿を行ったり、海外の大会に出場したりすれば、軽く年間1000万円は超えていくとのことです。

引用元:NEWSポストセブン

上記のように、長く続けるには家族のサポートと金銭面のサポートが必要になります。

住吉りをん選手の実家は都内の一等地にあり、超お金持ちと言われています。

練習に通いやすいようにと、明治神宮外苑アイススケート場から自転車で約10分の渋谷区の住まいに家族みんなで引っ越しをしています。

また、住吉りをん選手は、有名バレエダンサー熊川哲也さん主催のバレエスクールにも通っていました。

フィギュアスケーター向けの「K-BALLET SCHOOL」というクラスだったそうです。

入会金や月謝が高いと言われているスクールですが、その分しっかりとしたレッスンを行ってくれると評判です。

これらのことから、住吉選手の実家は相当なお金持ちであることがわかりますね!

住吉りをんの父は会社社長

住吉りをん選手のお父様は「株式会社エストケム」の会長でらっしゃいます。

化学薬品や合成樹脂、電子材料の輸出入や卸売をする専門商社で、中国や韓国、香港にも支店があるグローバルに展開をしている企業です。

  • 株式会社エストケム
  • 住所:東京都中央区日本橋堀留町1-8-12
  • 設立年度:1974年4月
  • 資本金:3億円
  • 売上高:100億~300億円
  • 従業員数:54人

資本金や売上高、従業員数から推測される住吉選手のお父さんの年収は約1800万円~2000万円ほどと思われます。

住吉りをん選手は正真正銘、本物のお嬢様という事になりますね♪

住吉りをんの母

住吉りをん選手のお母様は住吉裕子さんです。

なんと、住吉りをんさんのジュニア時代の衣装はお母様が制作されていたそう!

デザインから生地やパーツ選び、縫製や装飾などすべてお手製なんだとか!

繊細で美しい衣装制作をされていますね。

住吉りをんの姉

住吉りをん選手にはお姉さんが1人います。

お姉さんもスケートをしていたそうです。

りをん選手が4歳の頃にお姉さんが通っていたスケート教室について行ったことが、スケートを始めるきっかけになったそうです。

なお、現状でお姉さんがスケートを続けているという情報は見当たりませんでした。

住吉りをんの家族構成まとめ

ということで、住吉りをん選手の家族構成は

  • 父親:住吉徹
  • 母親:住吉裕子
  • 本人:住吉りをん

上記の4人家族となっています。

各々のエピソードから、お金持ちというだけではなく、家族全員でサポートを強力に行ってきたことが分かりますね!

住吉りをんのコーチは?

住吉りをん選手は、何と4人体制でコーチから指導を受けています!

①佐藤紀子コーチ

②岡島功治コーチ

③武田奈也コーチ

④望月梨早コーチ

1人ずつご紹介させていただきます。

コーチ①【佐藤紀子 Wikiプロフ】

佐藤紀子コーチは、元フィギュアスケート選手です。

1984年には、サラエボオリンピックアイスダンス日本代表初出場を果たしました!

引退後はプリンスホテルが主催するアイスショー、プリンスアイスワールドの一員となり長年活躍されました。

プロスケーターに転向後はコーチ・振付師へ転身し、村主章枝・樋口新葉選手・島田麻央選手のコーチも務めています。

コーチ②【岡島功治 Wikiプロフ】

岡島功治コーチは、元フィギュアスケート選手です。

ペアスケーティングを専門とし、現役時代は全日本選手権で2位や3位と、輝かしい成績を残しました。

  • 1976-1977年 浅野奈穂子とペアで全日本選手権3位
  • 1978-1979年 加藤はま江とペアで全日本選手権3位
  • 1979-1980年 竹崎睦とペアで全日本選手権2位

現役引退後は、新松戸アイスアリーナ(千葉県松戸市)のコーチを経て、現在は明治神宮外苑アイススケート場(東京都新宿区)の専任コーチとなっています。

教え子には、樋口新葉

岸本一美、鳥居拓史、武田奈也、石川翔子、西野友毬、松岡あかりなど、関東を中心としたスケート選手を多く指導しています。

コーチ③【武田奈也 Wikiプロフ】

武田奈也コーチは、元フィギュアスケート選手です。

2006年全日本ジュニア選手権では優勝を果たしました!

早稲田大学出身で、同級生には福原愛さんや竹下百合子さんもいて、よくメールのやり取りもされていたそう!

現在は、明治神宮アイススケート場を拠点にコーチ兼振り付け師として活動しています。

コーチ④【望月梨早 Wikiプロフ】

望月梨早コーチは、元フィギュアスケート選手です。

全日本選手権大会に3回出場したり、ジュニアグランプリ、ドイツ大会・台湾大会にも出場されました。

「HOLIDAY ON ICE」では2年間も活躍中!

住吉りをん選手のスピンの指導を担当しています!

住吉りをんの経歴まとめ

住吉りをん選手の経歴はコチラです↓

【幼少期】

・2016年13歳で出場した全日本ノービス選手権で、歴代最高得点の108.25点を出して優勝

【中学校時代】

・ISUジュニアグランプリシリーズ第3戦のカナダで3位

【高校時代】

2021年第90回全日本ジュニア選手権2位

・世界ジュニアフィギュア選手権8位

第71回全国高校スケート選手権大会 優勝

【大学時代(現在)】

・2022年GPシリーズ・フランスグランプリは自己最高の成績で、SP5位・FS3位で総合3位

・2023年GPシリーのフランスグランプリは、FSで4回転トウループを着氷。

自己最高の成績を更新して、FS1位・SP5位から総合3位

・2023年11月に開催されたエスポーグランプリで総合2位

手足の長さを生かした表現力に加え、メンタル面でも安定してきて成長が著しいと話題になっていますね!

住吉りをんのWikiプロフィールまとめ

住吉りをん選手のWikiプロフィールはコチラです↓

  • 【名前】住吉りをん (すみよし りおん)
  • 【生年月日】2003年8月15日
  • 【年齢】20歳(2023年12月現在)
  • 【身長】156.0cm
  • 【血液型】O型
  • 【出身地】東京都渋谷区
  • 【所属】オリエンタルバイオ/明治大学

住吉りをん選手の身長は156cmです。

北京五輪の女子フィギュアスケート選手の平均身長が161.32cmということですので、住吉りをんさんは比較的小柄な方に入るようです。

ですが、身長を感じさせないダイナミックな滑りを見せ、4回転トーループを成功させたのがすごいですよね!

ちなみに、参考までに有名なスケーターの身長がコチラです↓

【日本女子フィギュアスケーター身長】
  • 荒川静香さん:166cm
  • 浅田真央さん:163cm
  • 本田真凜さん:163cm
  • 村上佳菜子さん:162cm
  • 紀平梨花さん:155cm

フィギュアスケートは低身長ではジャンプが有利で、高身長だとダイナミックな表現ができるそうです。

なので、住吉選手はジャンプに有利かもしれませんね!

それから現在、明治大学の商学部に在籍しています。

明治大学はフィギュアスケートの強豪です。

北京オリンピックで銅メダルを獲得した樋口新葉さん、本田真凛さんらも在籍しています。

まとめ

今回は、住吉りをんはお金持ち?実家は都内の一等地で父は会社社長?コーチの紹介もについてまとめさせていただきました。

住吉りをん選手の実家はお金持ちであることがわかりましたが、今の活躍はご家族のサポートと積み上げた努力から得られた結果なのですね!

今後の活躍にも目が離せません!

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました