【画像】早田ひなのかわいい私服姿!中国人気など海外の反応も紹介

卓球
スポンサーリンク

卓球女子日本代表の早田ひな選手は、卓球の強さだけでなく、モデル並みのルックスが「かわいい!」「アイドルみたい!」と話題になています。

そこで今回は、【画像】早田ひなのかわいい私服姿!中国人気など海外の反応も紹介させていただきます。

【画像】早田ひなのかわいい私服姿!

早田ひな選手の、私服姿のかわいい画像をご紹介します!!

試合中の真剣な表情も和んだ時の笑顔も素敵ですが、

私服姿も「かわいい!」「アイドルみたい!」と話題になっていて、

ポスターのモデルにもなっていたりしています!

雰囲気ががらりと変わって、スタイルもよくておしゃれで本当にかわいいですね!

そしてTwitterには、早田ひな選手がかわいい!という声がたくさんあります↓

今後も試合のたびにかわいいと話題になり、ファンになる人も増えそうですね♪

早田ひなの中国人気など海外の反応は?

早田ひなの選手の実力と人柄は、卓球王国・中国でも素直に称えられていました!

中国メディア「ジーボーバ」が準決勝で早田が勝利したことを伝えた記事では、コメント欄に同国ファンの様々な意見が書き込まれた。

「中国選手が負けたけれど、間違いなく、この大会でもっとも見ごたえのある試合だった!!」

「実力は伯仲していた。最後は、運がどちらに味方したかだった」

「この日本選手、確かにとっても強い。見ていておもしろい試合だった」

「ほんのわずかな差で、日本選手の方が運が少しよかっただけだ。オリンピックのことを考えると、この敗戦も決して悪いことだとは言えないだろう」

「力が拮抗して、甲乙つけがたい。しかし、早田が一番いいところを出すことができたのだと思う。見事なバックショットがたくさんあった」

「最後のエッジボール、残念だった」

「本当にすごい試合だった。でも、王はオリンピックは危ないかもしれない」

「本当に見ごたえのある試合だった。残念ながら、日本選手の運が少しだけよかった」

「日本は運にも恵まれていたけれど、やはり実力があった」

「この日本人、確かに実力がある」

最終ゲーム終盤、早田にとってラッキーなエッジボールでの得点があったが、中には

「早田ひなはとてもいい。

第7ゲームの最後のエッジボールのとき、本当に誠実に謝っていたし、それまでも、ラッキーなボールではなかったときにさえ王に謝っていた。

それに比べて、王はエッジボールで得点しても何の反応もしておらず、あまりよくないと思った」

と、その人柄を称える声もあった。

引用元:THE ANSWER

また、2023年10月14日にオマーンで行われた『卓球WTTコンテンダーマスカット』の女子シングルス決勝。

A.ディアス(プエルトリコ)をゲームカウント4-0で下して優勝を果たした際には↓

日本の女王が見せつけた強さに、またしても中国メディア『捜狐』が反応。

「正気じゃない! 早田ひながプエルトリコのスター選手に4-0で圧勝し、優勝を飾る」

と題した記事を掲載し、次のように23歳を紹介した。  

まず、同メディアは

「早田ひなは、外国の女子卓球界のなかで最強である」

としたうえで、

「彼女は、中国チームの主力を脅かす強敵と呼ぶに相応しい」

と報道。

「今年は、王芸迪を世界卓球、アジア大会で撃破。

また、別の大会では伊藤美誠、平野美宇らも打ち破った。

早田は、現在日本女子卓球界においてナンバーワン選手だ」

と大絶賛した。

引用元:YAHOO ニュース

海外でも大絶賛ですね!

早田ひなの出身地や身長などWikiプロフィール

早田ひな選手の、出身地や身長などWikiプロフィールはコチラです↓

  • 名前:早田 ひな(はやた ひな)
  • 生年月日:2000年7月7日(23歳)
  • 出身地:福岡県北九州市戸畑区
  • 身長:167cm
  • 職業:卓球選手
  • 最高世界ランク:女子ダブルス1位、女子シングルス4位、混合ダブルス2位

早田ひなさんは、平野美宇さん、伊藤美誠さんらと同じ2000年生まれで、日本の女子卓球黄金世代の1人です。

身長は167cmで出身地は福岡県北九州市、両親とも卓球とは無縁だそうです。

父親は社会人サッカーチームの元選手だったとのことで、運動神経の良さは父親譲りなのかもしれませんね!

早田ひなさんの姉が、地元の名門石田卓球クラブに通って練習しているのを見ていたのがきっかけで、4歳から卓球を始めたようです。

まとめ

今回は、【画像】早田ひなのかわいい私服姿!中国人気など海外の反応も紹介についてまとめさせていただきました。

日本を代表する超一流の卓球選手であることはもちろん、容姿端麗な早田ひなさん!

是非、応援して楽しみましょう!

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました