小池百合子東京都知事に対してリコール運動?方法と成功例や可能性を調査

時事ネタ
スポンサーリンク

7月7日に行われた東京都知事選で、現職で小池百合子氏が3選を果たしました。

ですが、SNS上で「都知事リコール」がトレンド入りしています!

東京都知事のリコール請求とはどんな方法で行われ、過去に成功例はあるのでしょうか。

気になったので調査してみました。

小池百合子東京都知事に対してリコール運動?2021年にもリコール請求されていた!

東京都知事選が終わったばかりにも関わらず、SNS上で「都知事リコール」がトレンド入りするという事態が発生しています。

今回の都知事選では、小池百合子氏が現職として3回目の当選を果たしましたが、この結果に対して一部の有権者から強い不満の声が上がっています。

特にSNSでは、選挙結果に対する批判やリコールの呼びかけが相次ぎ、短期間で大きな話題となりました。

【リコール運動の主な理由】
  • 小池百合子氏の学歴詐称や3つの刑事告発の問題
  • 都知事に立候補する資格がないとの指摘
  • 開票時間の長さや開票結果への疑問
  • マスコミとの癒着、宗教団体との関係性
  • 都民の声を無視した政治運営への批判

これには、選挙後の迅速な意見交換が可能な、SNSの特性が大きく影響していると考えられます。

リコールを求める声は、特定の政策への不満や選挙プロセスに対する疑念など、さまざまな理由が混在しているようです。

それから、2021年にも小池百合子知事に対するリコール運動がありました。

この運動は新型コロナウイルス対策などへの不満から始まりましたが、最終的には必要な署名数を集めることができず、リコール投票には至りませんでした​。

リコールの手続きは非常に厳格で、大規模な署名収集が求められるため、実現には相当な努力と組織力が必要です​。

何度もリコール請求することは可能なのでしょうか?

東京都知事に対する2度目のリコール請求は可能です。

しかし、成功するかどうかは、署名の集め方や市民の支持に大きく左右されます。

小池百合子東京都知事に対してリコール運動の方法は?

都知事リコールを実現するためには、いくつかのステップを踏む必要があります。

以下にその具体的な手順がコチラです↓

①リコールの発起

②請求の認定

③署名集め

④署名の提出と審査

⑤リコール投票の実施

⑥解職後の手続き

ひとつずつ、ご紹介していきます。

リコール運動の方法①リコールの発起

リコールを開始するには、有権者の代表がリコールの発起人として名乗り出ます。

発起人はリコール請求を行うための署名収集計画を作成します。

ちなみに、発起人は東京都民である必要があります。

具体的にはリコール請求の発起人となるためには

【東京都知事リコールの発起人になる条件】
  • 東京都内に居住していること
  • 日本国籍を持っていること
  • 選挙権を有していること

上記の条件が必要となります。

リコール運動の方法②請求の認定

リコール請求の計画が整ったら、東京都選挙管理委員会に申請し、認定を受ける必要があります。

認定が下りると、正式に署名集めが始められます。

リコール運動の方法③署名集め

リコール請求のための署名を集めます。

東京都の場合、署名の数は東京都の有権者数の3分の1以上が必要です。

2024年の東京都の有権者数は約1153万人であるため、約384万3333人分の署名が必要となります。

この署名集めには非常に多くの時間と労力がかかるため、現実的には非常に高いハードルです。

リコール運動の方法④署名の提出と審査

集めた署名を東京都選挙管理委員会に提出し、その正当性が審査されます。

署名が有効と認められれば、次のステップに進みます。

リコール運動の方法⑤リコール投票の実施

有効と認められた署名が集まった場合、リコール投票が実施されます。

リコール投票では、過半数の有権者がリコールに賛成する必要があります。

リコールが成立すれば、都知事は解職されます。

リコール運動の方法⑥解職後の手続き

知事が解職された場合、臨時の選挙が行われ、新しい知事が選ばれます。

東京都知事に対してリコール運動の成功例や可能性は?

過去に、東京都知事のリコールが成功したことはあるのでしょうか?

結論から言いますと、東京都知事のリコールは成功した例はありません。

今回の都知事リコールの声が高まった背景には、いくつかの要因が考えられますが、実際のところその動きは盛り上がりを見せていません。

SNSでトレンド入りしたものの、リコールを求める声は一部の意見に留まっています。

都知事選後にリコールの声が上がるのは、ある意味で通例となっており、選挙結果に不満を抱いた一部の有権者が声を上げることが一般的です。

リコールの動きが広がりを見せない理由として、実際のリコール手続きが非常に複雑であることが挙げられます。

東京都のような大規模な自治体では、リコールの実現には膨大な数の署名が必要であり、そのハードルが高いため、実際にリコールが成功することは稀です。

このように、都知事リコールの声が一部で上がっているものの、実際のところはそれほど大きな盛り上がりを見せていないのが現状です。

まとめ

今回は、小池百合子東京都知事に対してリコール運動?方法と成功例や可能性を調査についてまとめさせていただきました。

  • 東京都知事のリコール手続きは以下のステップが含まれます。
    • リコールの発起と発起人の条件
    • 請求の認定申請と認定の取得
    • 署名集め署名の提出と審査
    • リコール投票の実施
    • 解職後の選挙手続き
  • 東京都知事のリコールに成功した例は現在までありません。
  • 小池百合子氏に対する過去のリコール請求は成功に至らず失敗しています。
  • リコール手続きは厳格で大規模な署名収集と市民の広範な支持が必要です。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました