忍たま乱太郎・土井先生が映画の主人公に?年齢や原作の小説も紹介

エンタメ
スポンサーリンク

2024年12月「劇場版 忍たま乱太郎 ドクタケ忍者隊最強の軍師」が公開され、13年ぶりの映画化で主人公はおそらく「土井先生」!

いつもニコニコと優しくかっこいい土井先生の映画ということで、ツイッターもかなり盛り上がっています!

そこで今回は、忍たま乱太郎・土井先生が映画の主人公に?年齢や過去と原作の小説も紹介させていただきます。

忍たま乱太郎・土井先生が映画の主人公に?

「忍たま乱太郎」の新作映画化が発表されました!

なんと、土井先生メインのストーリーで、ツイッターなどいろんな場所で

「みんなの初恋泥棒!」

と叫ばれていました!

忍たま乱太郎・土井先生の年齢は?

土井先生は25歳と言われています。

・名前:土井 半助
・年齢:25歳
・身長:175cm
・星座:射手座
・血液型:O型
・出身:瀬戸内、福原

<strong>くろうど</strong>
くろうど

胃痛持ち(神経性胃炎)で、ちくわやかまぼこなどの練り物が苦手で食堂でよく揉めたり、女装すると「半子さん」になるエピソードも!

忍術学園一年は組の教科担当教師。

当時の平均身長156~157cmから比較すると、室町末期時代の話なのでかなり高身長です。

容姿もイケメンで性格も面倒見がよく、年齢以上に落ち着いてます。

土井先生が初恋の相手という女子もすごく多いほどの人気ぶり!

忍たま乱太郎・土井先生の過去は?

土井先生のモデルとなった人物は、『法然上人絵伝』に描かれており、浄土宗の開祖である「法然」の生い立ちがモデルとされています。

<strong>くろうど</strong>
くろうど

法然上人の出家前の名前が「勢至丸」だったため、土井半助の幼名を「勢至丸」とする向きがあります。

土井先生の幼少期は、法然の幼少期と同様に壮絶な過去があります。

法然は、豪族だった自宅の屋敷が闇討ちにあい、父親を失いました。

敵を恨んではならない。

かたき討ちをすれば、その者の子がお前を恨んで同じことが繰り返される。

出家して父の菩提を弔え

という父からの遺言に従い、叔父の僧侶に引き取られて仏教を学びます。

その後は才能が見いだされ、比叡山延暦寺へ送り出され、みるみるうちに頭角を現していったと言われています。

<strong>くろうど</strong>
くろうど

当時の寺は最高学府としての役割がありました。

土井先生が書物に親しみ、若いながらも知識が豊富な理由がわかりますね!

それから、今は忍術学園の教師の土井先生ですが、以前は忍びとして活動していました。

ある任務に就いていた土井先生は任務に失敗し、高所から落下してしまいます。

気絶して倒れている土井先生を助けたのが家族旅行中だった山田伝蔵先生とその家族でした。

<strong>くろうど</strong>
くろうど

山田先生との出会いが教師を目指したきっかけだったのですね!

アニメ第20期90話「おかえりなさいの段」で少し触れています。

現在は火薬のスペシャリストでもあり、知識・技術を含め若くしてとても優秀な教師であることは間違いありません!

生徒である「きり丸」とは境遇が似ていることもあり、長期休暇などの際は保護者代理として居候をさせていますね。

アニメスペシャルの「土井先生ときり丸の段」では「同じような育ち方をしてる」発言しており、きり丸の面倒を見る理由が見受けられます。

忍たま乱太郎・土井先生の原作の小説は?

ながらく絶版で、電子書籍でしか読めなかった原作の小説「ドクタケ忍者隊 最強の軍師」が紙媒体で復活しました!

まさか「ドクタケ忍者隊 最強の軍師」がアニメになるなんて!

という声も上がるほどでした。

まとめ

今回は、忍たま乱太郎・土井先生が映画の主人公に?年齢や過去と原作の小説も紹介についてまとめさせていただきました。

土井先生の過去は法然がモデル
実家が焼き討ちにあい、全てを失う
仏門へ入り修行を積む
山田先生と出会い、教師を目指す

明るく楽しいイメージの「忍たま乱太郎」ですが、土井先生の過去は想像外に重く壮絶なものでした。

しかし、そういった過去を乗り越えてきたからこそ、土居先生は人気なのかもしれませんね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました