熊谷紗希(ローマ)がかわいい!年俸はどれくらい?筑波大学出身など学歴も調査

サッカー
スポンサーリンク

なでしこジャパンのキャプテンとして、2017年から日本代表の守備の要として長年チームを支えてきた熊谷紗希選手!

海外ではどのような待遇なのか、年俸についても気になったので調査してみました。

熊谷紗希(ローマ)がかわいい!

熊谷紗希(ローマ)選手のかわいい画像やWikiプロフィールはコチラです↓

  • 名前:熊谷 紗希(くまがい さき)
  • 生年月日:1990年10月17日
  • 出身地:北海道札幌市
  • 身長:172cm
  • 血液型:A
  • 在籍チーム:ASローマ
  • Wカップ背番号:4
  • ポジション:DF

熊谷紗希選手がサッカーを始めたきっかけは、お兄さん!

サッカーに興味を持ち始めたのは、お兄さんの練習や試合を見に行っていたことがきっかけだそうです。

周りにサッカーをしている女の子が小学生の頃はいなかったので、男の子に混ざって一緒に遊んでいました。

2008年、高校2年生で初めて日本女子代表(なでしこジャパン)に招集されます。

2011年の女子W杯ドイツ大会では、センターバックとして全試合にフル出場し優勝に貢献。

身長172cmと日本人女性の中でも高い身長を誇り、熊谷紗希選手の強みは対人守備と得点力の高さです。

外国人選手と空中戦でも当たり負けしないため、日本代表では長年センターバックを務めています

また、セットプレーでの得点力が高く、リーグ戦でも毎年ゴールを決めています。

ちなみに、サッカーをやっていなかったら、東大を狙えるほどの学力の持ち主!

高校には主席で入学、成績上位者のクラスに在籍していたそうです。

熊谷紗希(ローマ)の年俸は?

熊谷紗希選手の年収は公表されていませんが、世界の女子サッカー選手の平均年収を調査すると↓

  • イングランド(FA WSL):約390万円
  • ドイツ(ブンデスリーガ):約480万円
  • アメリカ(NWSL):約300万円

400万円前後が平均年俸となるようです。

上記は年俸の予想となりしましたが、年収となると更に多くなります。

というのも、今回参加している女子サッカーワールドカップの賞金です。

女子サッカーワールドカップは、参加する選手に下記の賞金を分配することになっています。

W杯賞金配分/選手1人当たり
  • 優勝:約3750万円(27万ドル)
  • 2位:約2730万円(19万5千ドル)
  • 3位:約2520万円(18万ドル)
  • 4位:約2310万円(16万5千ドル)
  • ベスト8  :約1260万円(9万ドル)
  • ベスト16:約840万円(6万ドル)
  • 参加選手:約420万円(3万ドル)

今回なでしこジャパンはベスト8以上が決まっているので、最低でも1260万円は分配されます。

熊谷紗希(ローマ)の出身大学など学歴まとめ

熊谷紗希選手の学歴はコチラです↓

  • 筑波大学
  • 常磐木学園高校
  • 札幌市立真駒内中学校
  • 札幌市立真駒内桜山小学校

ひとつずつご紹介させていただきます。

出身大学【筑波大学】

熊谷紗希選手の出身大学は筑波大学です。

筑波大学に進学した理由は、なでしこジャパンで一緒だった安藤梢からの助言。

「私が通っていた筑波大はとても良い環境だよ」と教えてもらい、進学を決めたそうです。

大学に入学すると同時に浦和レッズレディースに所属。

その後、ドイツのサッカーチームに移籍するために2011年に大学を休学。

熊谷紗希選手は海外でサッカーに専念していたため、5年間の休学を経て2016年に筑波大学を退学されています。

大学生時代、代表や浦和レッズの活動があり、授業を休むことが多かったそうで、周りの友達に支えてもらったことが大学時代に残っている印象とのこと。

また、浦和に住んでいたこともあり、大学まで電車で1時間半かけて通学。

授業後はチームの練習があるので、かなりハードな生活を送っていたそうです。

出身高校【常磐木学園高校】

熊谷紗希選手の出身高校は常磐木学園高校です。

宮城県仙台市にある私立高校で、女子サッカー全国優勝の常連校として知られています。

高校には特待生として入学しています。

サッカー部で1年生の時からレギュラーとして、試合に出て活躍していました。

3年生の時には主将としてチームを引っ張り、全日本女子ユース3連覇を達成しています。

卒業生の中には、なでしこジャパンで活躍した選手もいます↓

  • 仲田歩夢(なかだ あゆ)
  • 鮫島彩(さめしま あや)
  • 田中明日菜(たなか あすな)
  • 道上彩花(みちがみ あやか)
  • 西野朱音(にしの あかね)

2011年W杯では、熊谷紗希選手、鮫島彩さん、田中明日菜さんが選出され、日本初のワールドカップ優勝に貢献!

常磐木学園高校での熊谷紗希選手の生活はサッカーだらけの生活だったといい、また学問の面においても素晴らしく、成績上位者の特別クラスにいました。

熊谷紗希選手は、まさしく『文武両道』ですね!

出身中学校【札幌市立真駒内中学校】

熊谷紗希選手の出身中学校は札幌市立真駒内中学校です。

北海道札幌市にある公立の中学校です。

入学後は北海道札幌市と江別市を本拠地とする女子サッカーの社会人チーム「クラブフィールズ・リンダ」に所属しています。

しかしこのチームは練習が週に2−3回しかなかったため、学校のサッカー部にも入部します。

熊谷さんの出身中学には男子サッカー部しかありませんでしたが、顧問の先生にお願いして入部させてもらい、男子に混ざってサッカーの練習をされていました。

また、母親が厳しかったので、サッカーだけでなく勉強も頑張っていたそうです。

出身小学校【札幌市立真駒内桜山小学校】

熊谷紗希選手の出身小学校は札幌市立真駒内桜山小学校です。

小学3年生からサッカーを始めています。

地元の小学校に通いながら、兄とともに地元の「真駒内サッカースポーツ少年団」でサッカーを習っていました。

熊谷紗希(ローマ)の経歴まとめ

高校時代は、女子サッカーの名門校で活躍をしていた熊谷紗希さん。

なでしこジャパンに属しながらも、2010年にはU-20女子ワールドカップに主将として出場しています。

そして2011年に『体力的にも技術的にもレベルアップしたい』と言い「FFCフランクフルト」に移籍し、海外でプレーすることになります。

この年に行われた女子ワールドカップでは、全試合にフル出場して優勝に貢献。

翌2012年開催のロンドンオリンピックでも全試合出場し、銀メダルを獲得しています。

2年間ドイツで活躍した後、2013年にフランスにある女子サッカーチーム「リヨン」に移籍して8年間所属し、欧州女子チャンピオンリーグでは5連覇をしています。

2021年には再びバイエルン・ミュンヘンと2年契約し、8年ぶりにドイツへ戻ります。

そして2023年に契約期間満了に伴い、バイエルン・ミュンヘンを退団してセリエA女子のローマに加入されました。

まとめ

今回は、熊谷紗希(ローマ)がかわいい!年俸はどれくらい?筑波大学出身など学歴も調査についてまとめさせていただきました。

女子サッカー日本代表も応援して楽しみましょう!

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました