三浦佳生のコーチは誰?現在の3名と過去6名の経歴や戦績の紹介も

スケート
スポンサーリンク

男子フィギュアスケートの三浦佳生選手。

三浦佳生選手は現役高校生ながら数々の大会で好成績をおさめており、日本男子フィギュア界で今とても注目が集まっている話題の選手です!

三浦選手は羽生結弦選手以来の逸材で、次世代の中心メンバーとなると言われています。

ジュニアクラスで着々と実績を積み、2021年にシニアクラスデビューした三浦佳生さん。

これまで数々のコーチに師事していましたので、チェックしてみて下さい♪

三浦佳生の現在のコーチ③名は誰?

2021年12月から現在は、

下記3名から指導を受けています

①佐藤紀子コーチ

②福井信子コーチ

③岡島功治コーチ

ひとりひとり紹介していきます!

現在のコーチ①【佐藤紀子 Wikiプロフ】

佐藤紀子コーチは元フィギュアスケート選手。

1984年には、サラエボオリンピックアイスダンス日本代表初出場を果たしました!

引退後はプリンスホテルが主催するアイスショー、プリンスアイスワールドの一員となり長年活躍されました。

プロスケーターに転向後はコーチ・振付師へ転身し、村主章枝・樋口新葉選手・島田麻央選手のコーチも務めています。

現在のコーチ②【福井信子 Wikiプロフ】

元フィギュアスケート選手で、三浦佳生さんが所属するKOSE新横浜プリンスFSCでインストラクターをしています。

佐藤紀子コーチと同じく、村主章枝選手のコーチングをしていたので佐藤コーチと福井コーチは常に他のコーチも含めた体制で選手を指導している様です。

現在のコーチ③【岡島功治 Wikiプロフ】

岡島功治コーチは、元フィギュアスケート選手です。

ここでは樋口新葉さんのコーチ、岡島功治さんの経歴や現役時代の成績について見ていきたいと思います。

ペアスケーティングを専門とし、現役時代は全日本選手権で2位や3位と、輝かしい成績を残しました。

  • 1976-1977年 浅野奈穂子とペアで全日本選手権3位
  • 1978-1979年 加藤はま江とペアで全日本選手権3位
  • 1979-1980年 竹崎睦とペアで全日本選手権2位

現役引退後は、新松戸アイスアリーナ(千葉県松戸市)のコーチを経て、現在は明治神宮外苑アイススケート場(東京都新宿区)の専任コーチとなっています。

教え子には、樋口新葉

岸本一美、鳥居拓史、武田奈也、石川翔子、西野友毬、松岡あかりなど、関東を中心としたスケート選手を多く指導しています。

三浦佳生の過去のコーチ⑥名は誰?

三浦佳生さんは過去に6名のコーチからも指導を受けていました。

①築章一郎

②佐藤信夫

③佐藤久美子

④小川れい子

⑤都築奈加子

⑥星野有衣子

そのコーチ達も紹介していきます。

過去のコーチ①【築章一郎 Wikiプロフ】

中学1年生まで羽生結弦選手を育てた都築章一郎コーチに師事

【主たる大会メダリストのコーチ実績】
全日本ジュニア 
男子-37回 37人  女子-25回 25人           
ペア- 6回  6組  アイスダンス- 9回 8組

全日本選手権  
男子-29回 29人  女子-11回 11人           
ペア-18回 18組  アイスダンス- 9回 8組

国際競技会    
主な大会(世界選手権、オリンピック、NHK杯、4大陸、国際グランプリ、全日本シニア・ジュニア)
    その他、国体・全国高校・全国中学競技会出場選手-約160名を指導。
    特に、佐野稔は1974年ミュンヘン世界選手権大会で、世界で初めて
    トリプル・ルッツを成功させ、また、1977年東京世界選手権大会では
    世界で初めて5種類のトリプルを完成させた。
【主たる育てた選手】
 長久保 裕 / 佐野 稔 / 五十嵐文雄 / 無良隆志 / 小山朋昭井上 怜奈 / 横谷花絵 / 都築奈加子 / 重松直樹 / 竹内洋輔中村 和 / アレクセイ・ティホノフ / ラズグリヤフ・ユーリス  / ファルフット・ディノフ 椎名千里 / 川口 悠子 / アレキザンダー・マルクンゾク / 川崎由紀子アレクセイ・ティホノフ・川崎由紀子組解散後、アレクセイ・ティホノフは、ロシアのパートナーと組み
世界チャンピオンになった。

その都築章一郎コーチも三浦選手の実力には驚愕しているそうです!

過去のコーチ②【佐藤信夫 Wikiプロフ】

佐藤信夫コーチは浅田真央さんなどを指導したことがあり、2010年世界フィギュアスケート殿堂入りをしています。

次に紹介する佐藤久美子さんとは夫婦で、一緒に指導をしていました。

1960年スコーバレー五輪、1964年インスブルック五輪の男子シングル日本代表。

1965年世界選手権4位、全日本選手権通算10回(10年連続)優勝。

夫人の久美子(旧姓・大川)さんはフィギュアスケートコーチ、娘の有香はプロフィギュアスケーター、振付師、コーチもされています。

過去のコーチ③【佐藤久美子 Wikiプロフ】

佐藤久美子コーチは、荒川静香さんのトリノオリンピック金メダル獲得時のコーチをされていたことで有名です。

1964年インスブルックオリンピック、1968年グルノーブルオリンピックフィギュアスケート女子シングル日本代表。大阪女学院高等学校、関西大学卒業。

夫の佐藤信夫はフィギュアスケートコーチ、娘の有香はプロフィギュアスケーター、振付師、コーチもされています。

荒川静香のコーチをニコライ・モロゾフと共同で務めました。

現在は夫の信夫をサポートする形で指導、振付なども行っています。

過去のコーチ④【小川れい子 Wikiプロフ】

小川れい子コーチは1972年にデビューし、全日本フィギュアスケートジュニア選手権2位。

1976年から1979年まで全日本選手権で連続4年2位という成績を残されています。

競技引退後は全日本コーチを経て、一時は審判員として活動し日本スケート連盟のフィギュア強化副部長を務めたこともありました。

現在は、コーチとして復帰し佐藤信夫らのアシスタントをしています。

過去のコーチ⑤【都築奈加子 Wikiプロフ】

都築奈加子さんは東京都出身の女性フィギュアスケートアイスダンス選手で、現在はコーチをされています。

父は同じくフィギュアスケート選手で、コーチの都築章一郎さんです。

現役時代のパートナーは宮本賢二、リナート・ファルクットディノフなど。

アイスダンスの国際テクニカル・スペシャリスト(国際スケート連盟認定の技術審判員)も現在はされています。

過去のコーチ⑥【星野有衣子 Wikiプロフ】

星野有衣子コーチは、北欧の地スウェーデンのクラブに身を置き世界女王に上り詰めたシンクロスケート界のパイオニアです。

(※スウェーデンのチーム「サプライズ」に所属し、2005年と2007年に世界選手権で優勝!)

「世界に通用する日本のチームを作る」という目標の下にチームを立ち上げました。

三浦佳生の戦績まとめ

三浦佳生選手の戦績について紹介していきます!

  • 2020 全日本フィギュアスケート選手権大会 7位
  • 2020 全日本フィギュアスケートジュニア選手権大会 2位
  • 2020 全国中学校スケート大会 優勝
  • 2019 全日本フィギュアスケートジュニア選手権大会 8位
  • 2019 ISUジュニアグランプリラトビア大会 7位
  • 2018 全日本フィギュアスケートジュニア選手権大会 8位
  • 2017 全日本フィギュアスケートジュニア選手権大会 13位
  • 2017 全日本フィギュアスケートノービス選手権大会(ノービスA) 優勝
  • 2017 アジアンオープントロフィー(アドバンストノービス) 優勝
  • 2016 全日本フィギュアスケートノービス選手権大会(ノービスA) 4位

三浦選手が13歳の時にジュニア選手として選ばれました。

しかし、ジュニアの強化合宿の選考会では選ばれず合宿に参加できませんでした。その悔しい思いを1年間抱えました。

そこからは持ち前の負けず嫌いな性格を生かした結果、技をバシバシ決め始めました。

  • 2018東日本ジュニア選手権で4回転トウループ初成功
  • 2019年ジュニアグランプリシリーズで4回転トウループを成功

まとめ

今回は、三浦佳生のコーチは誰?現在の3名と過去6名の経歴や戦績の紹介もさせていただきました。

4歳からスケートを始め、数々の名コーチからの指導もあり、次世代のスター候補と呼ばれるまでの選手になることができました。

まだまだこれからの選手ですが、周囲からの期待はかなり高いものになっています。

まずはシニアクラスに慣れて、ゆくゆくは世界のトップ選手になってくれることを願います!

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました