石川祐希・石川真佑兄妹は仲良し?兄妹の結婚願望や似てる画像も紹介

バレーボール
スポンサーリンク

バレー界のサラブレッド、石川祐希と石川真佑!

兄・祐希は、46年ぶりにメダルを獲得した日本代表の絶対的エースとして活躍。

妹・真佑は、世代別世界選手権優勝、MVPも獲得した若き天才アウトサイドヒッターとして将来性抜群の逸材。

そんなお二人の仲良しエピソードを、石川祐希さんと石川真佑さんの似ている写真とともにご紹介です!

石川祐希・石川真佑兄妹は仲良し?

石川祐希さんと石川真佑さんは、3人兄妹です。

  • 石川尚美(なおみ)さん 1994年生まれ
  • 石川祐希(ゆうき)さん 1995年12月11日生まれ
  • 石川真佑(まゆ)さん  2000年5月14日生まれ

石川祐希さんとお姉さんの尚美さんは1歳差の兄妹です。

石川祐希さんは、姉の尚美さんの影響を受けてバレーボールを始めています。

そして妹の石川真佑さんが5歳下です。

兄妹の中でも石川祐希さん・石川真佑さんのおふたりが現在プロバレーボール選手として活躍をされています。

なおかつ、兄妹の中でも石川祐希さん・石川真佑さんのお二人がとくに仲良しだそうです。

ではその仲良しエピソードを見ていきましょう!

石川祐希・石川真佑兄妹の仲良エピソード①「ゆうくん」と「まゆ」

普段はプライベートのことは互いにあまり喋らない2人。

話すと言えば、「スケジュールどう?」

そんな気恥ずかしさもある反面、妹の真佑選手は、兄のことを「ゆうくん」と呼んでいます。

「お兄ちゃん」なら一般的ですが、「くん」付となると本当に兄を尊敬し、慕っていることがわかります。

石川祐希・石川真佑兄妹の仲良エピソード②ゲーム対決

小学生の頃は共にゲームが好きで、よく一緒にゲーム対決をしていました。

兄の祐希選手が勝つことが多く、

「お兄ちゃんが全然勝たせてくれない!!」

と泣きながら訴える妹の真佑選手。

喧嘩することもあったようです。

案の定、母から注意される兄ですが、それでも妹には絶対に勝たせたせないという頑固さ。

負けず嫌いは幼少期から変わらないようです(笑)。

石川祐希・石川真佑兄妹の仲良エピソード③背中を追いかけてきた

姉の影響でバレーボールを始めた2人。

最初に頭角を現したのが兄の祐希選手。

星城高校(愛知県)では2年連続3冠(インターハイ、国体、春高)を達成という伝説を残しています。

妹の真佑選手も負けていません。

中学時代は裾花中学校(長野県)では2度の全国制覇を成し遂げています。

当時、中学2年生。全日本候補に選出された中央大学で活躍する兄の姿を、スタンドから観戦してた真佑選手。

「いずれは兄のように全日本で活躍する選手になりたい」

と熱く語る眼差しの先には兄の姿がありました。

石川祐希・石川真佑兄妹の仲良エピソード④互いのことを分かり合う

兄は妹のことを「ストイックな性格」「ルーティンを徹底している」

妹は兄のことを「こだわりがある」

とそれぞれ発言しています。

これに対して、お互いに笑顔で納得の表情。

互いに離れて生活することが長くなっても、お互いのことはわかっているというこの2人関係性に、距離は関係ないようですね。

石川祐希・石川真佑兄妹の仲良エピソード⑤LINEで報告

石川真佑選手は1年生で名門下北沢成徳高校のレギュラーとして春高を制覇しています。

その際、兄の祐希選手に「優勝したよ!」とLINEで報告。

兄からは「3-0?」「余裕だな笑」の兄妹らしい返答。

LINEで喜びを分かち合う仲の良さもステキですね!

石川祐希・石川真佑兄妹の結婚願望は?

元バレーボール選手の川合俊一さんが、インタビュアーとして石川祐希さん・石川真佑さん兄妹にインタビューした際のことです。

川合俊一さんが、お二人に順に結婚願望について質問をしました。

石川祐希選手は、以下のように語っています。

「結婚は考えているが、イタリアのクラブでプレーしている今、こんな生活だとまだ結婚はできない」

「日本人じゃなくてもいい」

「アスリートではない方がいい。昔は身長にはこだわっていなかったが、最近は身長の高い女性がいい」

それから、石川真佑選手は以下のように語っています。

「結婚願望はある」

「26、27歳までには結婚はしたい」

「野球やバスケなどスポーツをしている人がいい。バレーはないです」

すると、石川祐希選手は

「はぁ…初めて聞きました、僕」

と、慌てながら兄の顔をのぞかせていました(笑)。

まとめ

今回は、石川祐希・石川真佑兄妹は仲良し?兄妹の結婚願望や似てる画像も紹介についてまとめさせていただきました。

是非、女子バレーボールも応援して楽しみましょう!

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました