飲食店はお客を出入り禁止に法律上できる?伝え方や方法と注意点も紹介

時事ネタ
スポンサーリンク

飲食店で店側には何の落ち度もないにもかかわらず、理不尽なクレームを付けてきたり、ひどい場合は暴れ出したり、そんな迷惑な客を出禁にすることはできるのでしょうか?

そこで今回は、飲食店はお客を出入り禁止に法律上できる?伝え方や方法と注意点も紹介させていただきます。

飲食店はお客を出入り禁止に法律上できる?

「出禁」という法律用語は、実はありません。

法律で出禁に関しての明確な規則はありませんが、民法の考え方の一に「契約自由の原則」というものがあります。

これは、どのような人と契約するかは自由で制限されないという原則です。

<strong>くろうど</strong>
くろうど

例えばお店側がサービスを提供したくない、商品を売りたくないと考えれば「契約しない」という選択をすることができます。

また、飲食店やスーパー、コンビニといったお店には「店内スペース」というものが当然ありますが、これはあくまで所有権はお店側が持っています。

こうした「お店が所有するスペース」の秩序を守るために、一定の人に対して「出禁」にすることも施設管理権から認められています。

しかし、人種差別につながるような出禁や、明確な理由のない出禁については不法行為として損害賠償を負う可能性があるので、慎重に検討する必要があります。

そして、特定の客を出禁にした場合、その出禁にはどのような法的効力があるのでしょうか。

特定の客に出禁を通知した後でも入店を強行したり、その場で居座り続けた場合は、建造物侵入や不退去罪にある場合があります。

また、その行為により他の客に迷惑が出るなど、店舗側に損害が発生した場合は、損害賠償請求をすることも可能です。

実際に損害賠償請求をしたとしても、賠償が認められるかについては、状況によってさまざまです。

ただ、店舗側が出禁を通知することで、その客に対して一定の法的効力は発生します。

飲食店のお客へ出入り禁止の伝え方や方法は?

お店によって「出禁にしたい」と思う理由が様々だと思いますが、大切なのは「法的効力」があるかどうかに気をつけなければなりません。

実際に賠償請求が認められるかはその時の状況によりますが、お店側が明確に「出禁」の旨を通知することで相手に法的効力を及ぼすことにはなります。

通知の方法を、②つご紹介させていただきます。

お客の住所がわかっている場合

相手の住所が判明している場合は、文書を送付することで出禁を通知します。

<strong>くろうど</strong>
くろうど

これは、口頭で伝えた場合は、後でトラブルに発展することがあるためです。

この際、文章に出禁にすることと合わせて、事実を記載する必要がありますが、この内容については慎重な判断が求められます。

犯罪行為の場合とは異なり、詳細な事実を記載してしまうと相手と認識が異なるなどの理由で、さらにトラブルになる可能性もあります。

また、ただ出禁にするとだけ伝えた場合でも、相手は納得できないため反発されるかもしれません。

そのため、書面を作成する際には、事実関係をよく確認して内容を検討するようにしましょう。

また、書面の作成を弁護士に依頼するのもいいでしょう。

店舗に顧問弁護士がいる場合は、顧問弁護士の名義で文書を送付するといいでしょう。

お客の住所が住所がわからない場合

店舗には多くの客が来店するため、悪質なクレーマーの住所や氏名などがわからない場合があります。

<strong>くろうど</strong>
くろうど

その場合は、まずはすでに判明している情報から住所を見つけることを検討しましょう。

どうしても住所がわからない場合は、次回来店した際に本人に直接書面を手渡しする必要があります。

また、書面を渡すことができない場合は、後でトラブルになることを考えて会話を録音しておく必要があります。

お客を出禁にする時の注意点は?

迷惑客に出禁の通知をする場合、一番に気をつけなければならないことは理由を明確に伝える事です。

<strong>くろうど</strong>
くろうど

曖昧な伝え方をしてしまうと、相手も「何で悪いんだ」と思ってしまいます。

ですので、ハッキリとこういった理由で受け入れられないと伝えることが大切です。

それでも言った言わないにというなる場合もありますので、録音しておくことをお勧めします。

2人の会話を録音することは法律上問題ないので、携帯などで録音しておくと後に起こる可能性があるトラブルを防ぐことができます。

難しい問題であるのが、ドレスコードやマスク着用など法律で禁止されていないことです。

法律で禁止はされていませんが、こちらもお店側が雰囲気を保つ為や他のお客を不快に思わせない為にお店側の裁量によってできる事です。

これらの理由でも「お店のルール」ですので入店を拒否できることができます。

まとめ

今回は、飲食店はお客を出入り禁止に法律上できる?伝え方や方法と注意点も紹介についてまとめさせていただきました。

以前、会社の上司でクレーマーがいて、お店やホテルなどでクレームをよくつけたりしていました。

その後、しっぺ返しなのか今度はその上司がクレームを言われる側になって、かなり大変な目にあっているのを目の当たりにしたことがありました。

<strong>くろうど</strong>
くろうど

クレームは、言う方も言われる側も百害あって一利なしですね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました