ローゼンマーク有廉(ハーフ)の進路は大学?身長・最高到達点や出身中学校も紹介

バレーボール
スポンサーリンク

ハーフでイケメンのバレーボール強豪校・土浦日大高校が誇るエース・ローゼンマーク有廉ジュニア選手(読み方:アレン)。

チームのキャプテンとしてチームを牽引し、2年連続となる2024年春高バレーの出場に大きく貢献しました。

今回は、ローゼンマーク有廉(ハーフ)の進路は大学?身長・最高到達点や出身中学校も紹介させていただきます。

ローゼンマーク有廉(ハーフ)の進路は?

残念ながら、進路については現段階で情報は公開されていません。(2024年2月末時点)

高校卒業後の進路として、可能性は2つ考えられます。

  • 大学進学(バレーボールの強豪大学)
  • 企業のチーム(実業団)やプロチームに所属し、Vリーグなどの試合に出場

現在、高校バレーで活躍した選手は大学に進学する選手が多いです。

そのため、ローゼンマーク有廉ジュニア選手は、高校卒業後すぐにVリーグに入るのではなく、バレーボールの強豪大学へ進学すると思われます。

ローゼンマーク有廉(ハーフ)の身長・最高到達点は?

ローゼンマーク有廉選手の身長・最高到達点はコチラです↓

  • 名前:ローゼン マーク有廉ジュニア(ろーぜん まーくあれんじゅにあ)
  • 学年:3年
  • 身長:190㎝
  • 最高到達点:345㎝
  • 出身中学校:滑川中(茨城)
  • ミドルブロッカー
  • U18日本代表(22年度)

バレーボール関係者に「鳥人」と呼ばれ、同世代トップクラスとなる最高到達点・345cmを誇ります。

そんなローゼンマーク有廉ジュニア選手は、父親・アメリカ人、母親・日本人の両親を持つハーフで茨城県日立市出身です。

父親はバスケットボール選手で身長・206cmもあり、ローゼンマーク有廉選手は身長・190cmで、しっかりとDNAを受け継いでいます。

身長190cmのローゼン マーク有廉ジュニアにとって、相手のブロックはお構いなしだ。

今大会屈指の最高到達点340cmの打点から、ミドルブロッカーながら二段トスも力強くたたき込む。

就任6年目の吉田達也監督は

「今まで教えた選手でいちばんすごい。

あのジャンプは見たことがないですね」

と声を弾ませる。

引用元:月バレ.com

監督も絶賛ですね!

主な成績はコチラです↓

2023年 関東大会 3回戦進出

2023年 インターハイ 2回戦進出

2024年 春高バレー・茨城県予選 優勝

2022年 関東大会 ベスト8

2022年 インターハイ出場

2023年 春高バレー 2回戦進出

ローゼンマーク有廉ジュニア選手は中学校を卒業後、バレーボールの強豪校・土浦日大高校に進学しました。

高校進学して間もなく、メキメキと頭角を現していきます。

2年生時からパワーアップしてレギュラーをつかみ、高さを生かした攻撃に加えバックアタックなども磨きをかけてきました。

2年生ながら中心選手としてチームを引っ張り、勝利を積み重ねたが、準々決勝の駿台学園高(東京)戦では組織的な守りに阻まれた。

ストレート負けに終わり、ローゼンは

「悔しい、のひと言です。

今まではブロックの上から打てることが多かったですが、必ずワンタッチを取るような手の出し方をされて打ちにくかったです」

と肩を落とした。だが、

「これまで戦ったことがない全国トップレベルのチーム。

試合ができてとても光栄ですし、収穫もありました」

とキリッとした表情で語った。

引用元:月バレ.com

その後、2022年8月には第14回アジアU18(ユース)男子バレーボール選手権大会の日本代表に選ばれ、チームの3連覇に大きく貢献。

2023年2月には、将来有望な選手が参加する第20回全日本ジュニアオールスタードリームマッチにも出場しています。

ローゼンマーク有廉(ハーフ)の出身中学校は?

ローゼンマーク有廉ジュニア選手の出身中学校は、日立市立滑川中学校です。

中学3年生の時には身長が180cm近くあったそうです。

中学1年生の時に、

「やることがなかった」

という理由もあって廃部寸前だったという同校バレーボール部の友人に誘わたのがきっかけで、バレーボールを始めています。

まとめ

今回は、ローゼンマーク有廉(ハーフ)の進路は大学?身長・最高到達点や出身中学校も紹介についてまとめさせていただきました。

ローゼンマーク有廉選手の今後の活躍にも期待ですね!

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました